現在、アメリカのLAを拠点にしている桃井さん。2015年に結婚した夫と暮らしているが、コロナ禍に突入すると、生活は激変した。

“つながること”の大切さを知る

「最初、LAは撮影もストップし、街から車が消えてレストランも閉まってしまって。自由に外出ができなくなり、旦那と家で食事をとるしかない日々に戸惑いました」

 インスタは2017年から始めていた。誰にも会えず、撮るものもないので、ただ食事を載せることしか思いつかなかったという。

桃井かおりさんは現在、LAを拠点に活動している(写真は『かおり的家ご飯』より)

「でもインスタにアップし始めたら、日本からも『桃井も作ってるなら私も頑張ろう!』とか、『家も今夜はそれにする!』ってレスポンスがあって、どんどん同志ができたの。投稿を誰かが見てくれていることで、桃井も支えてもらっているというか……

 友人や仕事から切り離された桃井さんは、「明日のご飯、何にしよう」と思っているような主婦とつながりたいという思いもあったと話す。

今まではあんまり人とつながりたいなんて思っていなかったの(笑)。コロナ禍だからこそ手にしたうれしい感触ですね。インスタに関しては、まあ、強いて言えば“無駄な発信”を心がけています(笑)。今は無駄話ができる友達ができた感じですね」

 実は料理が得意な桃井さん。いつ見てもインスタには野菜たっぷりの料理が投稿されている。そんな彼女には食に関するセオリーがある。

「基本的にフードロスは出しません! もともと日本とLAを行き来していたので、よく野菜が余りそうになることが多くて。そんなときは、お漬物やスープにしたりして、頑張って食べ尽くしますよ」