「普段はヒョウ柄の服を着ることはめったにないので新鮮です。まだ見慣れないですね(笑)」

 WEB連載で累計2000万PVを超える話題のマンガが原作のラブコメディードラマ『恋です!〜ヤンキー君と白杖ガール〜』が放送中。高校を3日で中退して無職、地元ではその名を出しただけで相手が逃げていくほどのヤンキーである黒川森生を演じているのが杉野遥亮だ。今作が初めてのヤンキー役となる。

「見てくださるみなさんがキュンとできるような作品にできたらいいなと、試行錯誤しています。演じるうえで、自分がどれだけ純粋な気持ちでその場にいられるか、セリフを言えるかを大切にしたいと思っています」

 物語は、光と色がぼんやりわかる程度の弱視で、白杖を持ち歩いて盲学校に通う赤座ユキコ(杉咲花)と森生が出会い、少しずつ惹かれ合っていく姿を描いていく。

「“普通って一体なんだろう? いろんな人がいる中で、みんなが生きやすい世の中とは?”と、改めて考えさせられました。周りの人たちとのつながりや、多様性を受け入れることの大切さが描かれているところがこの作品の見どころであり、僕が魅力的に感じる部分です」

喜怒哀楽の中でいちばん多い感情は……

杉野遥亮 撮影/高梨俊浩

 森生はケンカっ早く、その風貌とケンカでつけられた顔の傷のせいで周囲から白い目で見られることも多いが、自分と似ている部分もあると気づいたそう。

「実はピュアな一面もあって、真っすぐな人なんです。僕自身ピュアかと聞かれたら……どうなんでしょう(笑)。でも、目の前のことに対して、ちゃんと心が動くタイプだと思います。喜怒哀楽も結構、表に出しますし」

 4つの中で、最近、いちばん多く出る感情を聞くと……。

「“喜”がもとから多いんですけど、最近は“怒”かもしれない(笑)。例えば、嘘をつかれたときって大体気づいちゃうんです。この人の言葉には何か別の意図があるんだろうなって思ったら、怒ります。もちろん、その人との関係性にもよりますが。怒るってことは、相手のことを信頼してるし、信頼したいという気持ちの表れだと思うから」

 そんな杉野は最近、私生活で運命の出会いがあったという。

「ソファですね。ずっと新しいものを買いたいなと思っていて、長い間ネットでもいろいろ探していたんですけど、やっと自分にドンピシャなソファに出合うことができたんです。さすがにこれは運命を感じました。具体的にどんなソファか? それは、教えないです(笑)」

 意地悪な微笑みを浮かべた去り際に、もう一度だけ話を聞いてみると……。

「うーん……3人くらいは座れる大きさかなぁ。それ以外は秘密です!(笑)」

秋は大好きな季節

「秋の匂いが好きです。過去にあった出来事を匂いで思い出すことってありませんか? この間、外に出た瞬間にめっちゃ秋の匂いを感じたんです。あぁ中学のときこんな感じだったな、体育祭や学園祭のときと同じ匂いだなって、当時のことを思い出しては、ひとりで甘酸っぱい気持ちになってました(笑)」

水曜ドラマ『恋です!〜ヤンキー君と白杖ガール〜』日本テレビ系 毎週水曜 夜10時〜

水曜ドラマ
『恋です!〜ヤンキー君と白杖ガール〜』
日本テレビ系 毎週水曜 夜10時〜

取材・文/高橋もも子