《近くの店で様子伺うのもいい加減困る。部屋の電気つけられないよ。》

《同じ宿に泊まるとかなんなんだろうか。。誰も得しないからホント辞めてください》

 10月16日、今井翼がインスタグラムのストーリー(投稿から24時間で自動的に削除される機能)で、マナーを守らない一部のファンに対して、怒りのメッセージを立て続けに投稿した。

「今井さんは10月5日から、大阪松竹座で十月花形歌舞伎『GOEMON 石川五右衛門』に出演中ですが、公演後に悪質な出待ち行為を行うファンがかなりいたようです」(スポーツ紙記者)

 今井が投稿する数日前には、共演者の上村吉太朗もツイッターでこんな投稿を。

《出待ち禁止ということを知らない方がいらっしゃるみたいなのですが、どこかで張り出したりしていないのでしょうか? ダメとわかっていて、出待ちしているとか?》

 その翌日には今井翼スタッフのツイッターでも、《劇場での「入り待ち・出待ち」及び、その他滞留行為を全面的に禁止しております》と注意喚起を行っていた。

「新型コロナの感染対策の観点から、今はどこの劇場も入り待ち・出待ち行為を禁止しています。この時期に出待ちをしている時点で良識がないですからね。加えて、普段はマナーの悪い人物をスタッフやファン歴の長い“トップオタ”などが厳しく監視しているのですが、現在は感染対策でそれもほとんど行われていないため、ファンの統制が崩れています。そのため暴走する人も出てきているのでしょう」(舞台関係者)

つきまといファンが現行犯逮捕

マナーを守らないファンへの苦言を、インスタグラムのストーリー機能を使って7回続けて投稿していた今井翼

 劇場から宿泊するホテルにまでファンがついてきてしまっては、今井が怒るのも当然だろう。しかし、このような過激な行為を行うのは決して珍しいことではない。

「今年3月に関ジャニ∞のマネージャーにストーカー行為を働いて逮捕された女性は、2019年にもHey! Say! JUMPの中島裕翔さんにつきまとい、ストーカー規制法違反の疑いで現行犯逮捕されています」(アイドル誌編集者)

 過去にはJUMPファンが新幹線に乗るメンバーをホームまで追いかけ、列車を遅延させてしまい大問題になった。

「ジャニーズは熱狂的な一部ファンの過激な追っかけ行為が問題視されています。今井さんもジャニーズ出身だけに、今もマナーの悪いファンにつきまとわれているようです」(同・アイドル誌編集者)

 今井の所属事務所に投稿の件を問い合わせると、

「俳優たちも人間なので、休息の場を与えてもらえるとうれしいです」

 会いに行くのは公式イベントだけにすべきだろう。