知育玩具であるマグネットボールの誤飲で1歳女児の内臓が圧迫壊死した事例や、カプセルスポンジの誤飲で内臓を傷つけるといった、おもちゃによる事故が多発している。

 そんな知育玩具や100円グッズ、夜天の景品などで遊ばせているうちに子供がもし危ない目に遭ってしまったら…

マグネットボール誤飲で1歳女児の内臓が圧迫壊死

「小学5年生の孫にねだられ、マグネットボールを手土産にしました。近所のおもちゃ屋さんにはなかったので、わざわざインターネットで購入したのですが……」

 そう声を落とすのは、静岡県に住む60代の女性。可愛い孫の喜ぶ顔見たさで張り切った結果は、怒りに満ちた娘からの電話。

「バーバがあんなおもちゃ持ってきたせいで、病院行っちゃったよ!」

 女性には小学生の孫の下にもう1人、3歳の孫娘がいた。聞けば、マグネットボールに興味津々だった3歳の孫娘は、床に転がっていたボールを複数個、口に含んで遊んでいたという。

 幸いにもそれに気づいた母親が“ぺっぺして!”と声がけし、すぐに病院の救急外来へ。エックス線検査で体内にマグネットボールがないことは確認できたものの、一歩間違えれば、最悪の事態になっていたという。

 マグネットボールは強力な球体の磁石でできており、2個以上飲み込むと、磁石同士が臓器を挟み込んだ状態で動かなくなる。そのまま時間がたつと臓器に穴が開き、開腹手術が必要になったケースも報告されている。最初は腹痛や嘔吐、発熱などの軽い症状だが、放置しておけば生死に関わる危険性もあるのだ。

 国民生活センターでは、マグネットボールに関する重大事故として下記のような事例を公開している。

マグネットボールによる重大事故例

「クリスマスプレゼントとして与えたマグネットボールを5個誤飲し、胃壁と腸壁を穿通していたため、マグネットを摘出し空腸穿孔部を縫合」
(3歳男児)

「小腸内の3か所にあった磁石が磁力で引き合い、小腸を結着し、圧迫壊死を起こして穿通しており、直径3ミリの磁石計37個を摘出」
(1歳9か月女児)

 これらの事故商品は、いずれもインターネットで購入した商品であり、販売サイトでは、誤飲に関する注意喚起もなければ、対象年齢に関する表記のないサイトもあった。そればかりか、幼小児向けの「知育玩具」であるとうたうサイトもいまだに数多い。

 小さな子どもの口の大きさは直径約4センチ。これより小さく、子どもの口の中に入るものは何でも誤飲や窒息の原因になる可能性がある。

 アメリカでは、少なくとも4500件を超えるマグネットボールの誤飲事故で子どもたちが病院に運ばれ、1歳7か月の女児が死に至った。その経緯を受け、CPSC(米国消費者製品安全委員会)がマグネットボールの自主リコールを2社に命じたが応じないため、強制リコールの手段を取ったと報じられている。