「世界中の同様の番組で40人以上が自死しています。その重さを考えると、こういった番組が必要だとは思えない。出演者を守ることなく、ただ、消費していくだけになっています。しっかりと軌道修正をしていかないといけない。一般の視聴者も、出演者が守られていないことを知るべきです」

 恋愛リアリティー番組『テラスハウス』の出演者で、自死した木村花さんの母・響子さんが警鐘を鳴らす。

 4月1日から大阪府では、ネット上の中傷防止の条例が施行された。

 政府も、刑法での侮辱罪に懲役刑を導入。法定刑の上限を引き上げた。国会議員に陳情に向かうなどして法案に尽力したのが響子さんを含め、花さんを愛する人たちだった。

未編集動画は「提出義務はない」

 '20年5月23日未明、テラスハウスの出演者で女子プロレスラーの木村花さんが自室で亡くなった。当時、出演していた恋愛リアリティー番組内での行動で花さんのSNSは炎上、誹謗中傷が毎日のように送られてくるようになっていた。《お前が早くいなくなればみんな幸せなのにな。まじで早くきえてくれよ》。

 花さんの母親で元プロレスラーの木村響子さんは'22年中にフジテレビと番組制作会社を相手に提訴を開始することを昨年の12月に発表。未編集の動画などの証拠保全を東京地裁に申し立て、認められた。

2021年12月、花さんの母・響子さんは会見を開き、フジテレビを提訴する方針を明かした

 しかし、制作会社は未編集動画などの「提出義務はない」として、花さんに生前、何があったのかはひた隠しにされたままだ。 

 問題となった『テラスハウスTOKYO2019-2020』は、男女6人の恋愛を含めた人間模様がベースとなっていて、Netflixで先行配信されたのち、フジテレビで放送されていた。

 ネット炎上のきっかけは番組内の出来事だ。コメディアン志望の男性が、花さんのコスチュームを間違って洗濯し、収縮させて着られなくなってしまった「コスチューム洗濯事件」だ。それにより男性との関係は悪化したうえ、花さんへのアンチコメントが増えていく。

'19年9月 花さんテラスハウス入居(20週)                 '20年3月《史上最強の修羅場回と称して炎上するきっかけの回(38週)放送》  ─花さんがインスタグラムで血だらけの包帯の画像をアップ          4月─フジテレビで炎上回放送                       5月13日─『テラスハウス』公式ユーチューブアカウントが配信した未公開動画で再び炎上                                 5月23日3時ごろ《愛してる、楽しく長生きしてね。ごめんね。さようなら》というメッセージをインスタグラムに投稿

インスタに花が(リストカットの)投稿したとき、心配でしたので連絡しました。大変な思いをしているのはわかりましたが、花は“大丈夫”としか言いませんでした」(響子さん、以下同)

 花さんのSNSが炎上し、悩んでいたことは母親の響子さんはもちろん、視聴者でさえも気づくほどだった。にもかかわらず、番組側はさらに炎上する放送を配信した。炎上を煽っていたと思われても仕方がない。