4月5日、山下智久(36)が主演するドラマ『正直不動産』(NHK)の第1話が放送された。

山下3年ぶり地上波ドラマ『正直不動産』好発進

 山下演じる登坂不動産の永瀬財地は、口八丁で成績No.1を維持し続けるやり手営業マンだったが、たたりで嘘がつけない体になってしまう。永瀬が悪戦苦闘しながらも、その正直さで問題を解決していく痛快お仕事コメディーだ。

「先日、山下さんは今話題のガーシーこと東谷義和さんに“どんな女性にも優しく神様みたいな存在”と暴露をされましたが、おかげで好感度はさらに上がりました。

 そんな山下さんとは真逆のキャラで、相手が女性でも上司でも思ったことを正直にずけずけ言っていく様が“痛快すぎる”“スッキリした”と視聴者から大好評のようです」(テレビ誌ライター)

 山下にとって3年ぶりの地上波ドラマだったが、放送前にはとある騒動があった。

 3月23日、メインキャストの1人で、すでに多くのシーンを撮影していた木下ほうか(58)が『文春オンライン』に「性加害」疑惑を報道されたのだ。

 撮り直しを噂されるも、山下のスケジュールはすでに埋まっており、木下の出演シーンを全てカットして放送。しかし、違和感のないストーリー進行にネット上では、

《山Pのドラマにハズレなし、面白かったです。木下ほうか全カットだそうですが、特に違和感ナッシング。キャスト、スタッフの皆さんご苦労さまです!》

《久々の山Pはやっぱかっこいいな。キャストも豪華だし、木下ほうかがカットされてたから気分も悪くならなかった》

 という感想が見受けられた。