被害者が続々と声を上げている“性加害”問題。映画監督や俳優による許されざる行為には各所から非難の声が集まっているが、悪しき風習が蔓延るのは映画界だけではなかった。美しい女性を撮影する“写真家”によるあまりに醜く卑劣な手段とは―。

《嫌な思いをした事は数えきれないぐらいあります》

 4月13日、女優の水原希子が『文春オンライン』で“性加害”に関する自身の見解を発表した。

「映画監督の榊英雄さん、園子温さん、俳優の木下ほうかさんによる性行為の強要が明るみに出て、多方面で同様の被害を訴える人が続出。水原さんのコメントが発表された4月13日には、飲食店経営者による性加害も報じられました」(スポーツ紙記者)

カメラ雑誌で有村架純と連載も

 映画界にとどまらず、多くの被害者が声を上げ始めた性加害問題。非道な行いの数々が白日の下に晒される中、週刊女性編集部には新たな女性からの告発が寄せられた。

※性的暴力に関する記述が含まれます。

「写真家の藤里一郎は“写真展の撮影をする”と言って密室に呼び出し、最終的に襲う……という手口を、複数の女性に働いていました」

 そう語るのは、自身も被害に遭ったというグラビアアイドルのAさん。

 藤里一郎は、女性ポートレートを主戦場とする写真家。過去にカメラ雑誌で女優の有村架純との連載企画が掲載されたこともあり、歌手・May J.のライブに同行した経験もある。

 有名カメラマンが性加害を行っているのであれば、大問題。詳細を尋ねるべくAさんに取材を申し込むと、対面取材に応じ、恐怖と憤りが混ざった様子で経験を明かした。

「数年前に藤里が主催する写真スクールの生徒さんからオファーがあって、それを機に藤里の写真展の仕事を紹介されました。最初に被害を受けたのは、'20年11月。撮影は関東近郊にある旅館で行われたんですが、現場は密室で、いるのは私と藤里の2人だけ。“素の部分が撮りたい”という理由で一緒に酒を飲まされ、ベロベロになるまで酔わされました……」(Aさん、以下同)

 酒を飲む前から撮影は続いていたというが、Aさんが酔い始めると様子が変わった。

「ヌードを含む撮影でもあったので“脱いで”と言われて服を脱いだのですが……下着を外した途端、カメラを投げ捨てて抱きついてきて、胸をなめられました」

 密室で行われた蛮行は、これだけではない。

「浴室のシーンの撮影では、なぜか藤里まで服を脱いで同じ浴槽に入ってきたんです。“ダメです”と断っても“A、好き”と言ってきて……本当に気持ち悪かった。最終的に挿入されることはなかったものの、私が拒んでいるのに避妊具なしで性交に及ぼうともしてきました」