桜が咲き誇る中、期待に胸躍らせる子どもたちが学び舎の門をくぐる─。

 ありふれた光景だが、芸能人の親子だとドラマのワンシーンのよう。

「都内の私立小学校の入学式に、向井理さんの姿がありました。横には奥さんである国仲涼子さんも。ふたりの間に挟まれて、可愛らしいお子さんがニコニコな笑顔で。国仲さんは、ほかのお母さんたちとも気さくに会話をしていましたね」(保護者のひとり)

 高身長の向井は、集まった親子たちの中でも、ひと際目立っていた。

向井さんは落ち着いた色のストライプのスーツを見事に着こなしており、きちんとネクタイもしていました。国仲さんはシンプルなデザインのレザーバッグを手にし、耳にはパールのピアス。典型的な入学式ファッションですが、やっぱりオーラを感じましたね」(同・保護者)

中山エミリ・飯沼誠司夫妻の姿も

 向井と国仲の長男は、かつて森高千里や松嶋菜々子ら多くの芸能人夫婦が子どもを通わせた“セレブ幼稚園”を先月卒業。晴れて名門私立の小学校に入学した。この入学式には、ほかにも芸能人親子が出席。

「中山エミリさんと夫の飯沼誠司さんがお子さんと一緒に来ていました。中山さんは黒い服の上に黒のトレンチコートをオシャレに着こなしていましたね。手には黒レザーでゴールド金具のバーキン。飯沼さんはスリーピースで、胸には白のチーフ。セレブ感がありましたが、校門の前で楽しそうに写真を撮っている様子は、ほかの家族と同じでしたよ」(別の保護者)

都内私立小学校の入学式にやってきた中山エミリと飯沼誠司(2022年)

 中山は最近のインタビューで、《娘が周りから愛されるような子になってくれるように、小さいうちにマナーだけはしっかり学習させたい》と語っていたばかり。この日も出会った人に丁寧な挨拶をきちんとさせていた。

中山さんは、幼稚園から中学校まで私立に通っていたそうです。学生時代について“今でも宝物”と話していますから、娘にも私立の小学校に進んでほしかったのでは。中山さんの家族はみんな芸能の仕事をしているので、娘さんがいつか芸能界に進むことも視野に入れているのかもしれませんね」(スポーツ紙記者)