「逮捕されたのは17歳の女子高生です。警察の調べに“彼のことしか考えられなくなった”と話しているそうです」(全国紙記者)

 ジャニーズJr.のグループ『7 MEN 侍』(セブンメンさむらい)のメンバー・佐々木大光(たいこう)にストーカー行為をしていたとして5月18日、横浜市の女子高生が逮捕された。

 4月1日~5月8日、東京都渋谷区の路上で4回にわたり佐々木さんに付きまといをしたほか、「腕を掴んだり声をかけたりした」と報道されている。4月30日には、JR渋谷駅構内でカッターナイフを突きつけ脅迫。2021年4月から被害に遭っていた佐々木は今月に入り、渋谷署に被害届を提出していたという。

 2019年にはHey! Say! JUMPの中島裕翔へのつきまとい行為で逮捕者が出たり、関ジャニ∞の大倉忠義がブログで《執拗に追いかけてくる》《カバンの中にモノを入れられたり 突然手を繋がれたり》といった被害を告白したこともあった。

今も昔もジャニーズタレントをストーカーする暴走ファンはいました。なかでも特にJr.は送迎車がつくわけでもなく、電車移動も多いためファンに付きまとわれやすい。佐々木クンも同じ電車に乗られたそうですよ。

 彼が被害を訴えた渋谷署はレッスン場のあるジャニーズの社屋があったり、Jr.が出演する『ザ少年倶楽部』の収録が行われるNHKホールも近い。出待ちに遭いやすい場所ですね。つきまといをした女子高生は“路上で一目惚れした”と警察に話していたそうですが、のちに彼がジャニーズだということは知ったでしょう」(アイドル誌編集者)

ブログに綴る「生きてくれてありがとう」

 約1年にわたっての被害かつ、刃物で脅迫されるという恐怖体験をした佐々木。突きつけられている間、「ごめんなさい。もう行かないから気にしなくていいよ。これで悩む必要なくなるね」と言われていたという。

 SNS上にはファンの心配の声が次々と投稿され、「大光大丈夫」というワードがトレンド入りすることに。ファンの女性に佐々木について聞いてみた。

「『少年倶楽部』で見た高橋海人(King & Prince)のJr.時代をテレビで見て憧れたことがきっかけで履歴書を送りました。5歳のときにダンスを始めていて、ドラムも得意。自由奔放な振る舞いをすることから、“狂犬”の愛称で親しまれています」(佐々木のファン)

 ストーカー被害に遭っていたと報道されたあと、彼女が感じたこととは……。

彼が更新しているブログがあるのですが、毎度のように彼は《生きてくれてありがとう》と書いてくれるんです。辛い日々だったにも関わらず、ポジティブな言葉を発信してくれていたと思うと心が痛いです……。

 事件のあとも1週間何をしていたかを列挙する投稿していました。今見返すと、4月29日と5月1日の間の30日だけ、カッターで脅されたあの日のことだけ、何も書かれていなかったんです。SOSに気づいてあげられなかった。今はただ、生きててくれてありがとうという気持ちだけです」(同・ファン)

 佐々木とファンが笑って過ごせる日が早く訪れるといいのだが──。