「私は夢のある未来がほしいだけだ」

 '20年に急逝した三浦春馬さんの最後の主演映画となった『天外者』で、彼が演じた五代友厚はこんなメッセージを叫ぶ。本来であれば、今頃は“名俳優”の名をほしいままにして、夢のある未来を手に入れていただろう。

 あれから2年─。街のシネコンでは春馬さんの活躍を見ることはできなくなってしまったが、彼の地元・茨城県土浦市にある映画館では、いまだに出演作品の上映が続けられている。作品の反響について、土浦セントラルシネマズの館長・寺内龍地さんに話を聞くと、

いつの間にかファンの聖地に

土浦セントラルシネマズのみの記念チケット

「毎日、彼の映画を3本上映しています。12歳のときに、ここで舞台挨拶をしてくれた『森の学校』と、彼が主演する『東京公園』と『天外者』ですね。コロナが落ち着いてきたこともあって、北海道や沖縄、さらにはニューヨークからも外国人のファンが足を運んでくれます。4月5日の彼の誕生日には、映画の上映前に、寄せられたメッセージをスクリーン上で紹介するイベントを開催しました。実に2000ものメッセージが集まったんですよ」

 春馬さんが小さなころからロビーを駆け回っていた映画館だけあって、思い出がたくさん詰まっている。

いつの間にかここがファンの聖地みたいになってしまったみたいで、全国から彼に関するものがたくさん送られてきます。手作りの千羽鶴やTシャツ、ビーズでできた春馬くんの絵、こけしなどさまざまです。今年の命日は、特にイベントをする予定はありませんが、全国から“春友”が集まると思います。地元として彼の足跡をずっと伝えていきたいですね」(寺内さん)

三浦春馬さんは幼いころから土浦セントラルシネマズで遊んでいたという

 

 彼がこの世を去ったのは、'20年7月18日のことだった。

仕事のためマネージャーが春馬さんの自宅に迎えに行ったところ、連絡が取れず、インターホンも無反応。管理会社を通して彼の部屋に入ると、意識のない状態でした。すぐに病院に搬送されましたが、まもなく死亡が確認されたのです」(スポーツ紙記者)

 あまりに突然の死にファンは悲しみに暮れたが、コロナ禍のため葬儀やお別れの会などは開催されなかった。

「亡くなった2日後に、所属事務所が“お別れできる機会を設けたいと考えている”と発表しましたが、結局、翌'21年の命日に追悼のウェブコンテンツが公開されるだけにとどまっています」(同・スポーツ紙記者)

 世界中に影響を与えた感染症だけに致し方ない部分はあるが、“お別れ”の機会を与えられなかったため、ファンは“受け入れられない”気持ちがあった。そんな彼女たちの声に耳を傾け続けたのは、春馬さんのサーフィンの師匠である卯都木睦さんだ。