“困ったときの神頼み”とはいうものの、実際のところどうすれば? 開運アドバイザーの川井春水さんによると、いちばん身近な神様になりきることが大切だという。その神様とは─。

龍神様になりきって運気を呼び込む!

「十二支をすべて持ち合わせた龍神様という神様がいます。私たちを常に見守っている神様です。心が弱っているときや自分を奮い立たせたい瞬間、自分が龍神様になりきることが大切です。“龍神様は自分自身”そう見方を変えることで、運気を呼び込めるのです」(川井さん、以下同)

 FBIへの捜査協力で数々の難事件を解決してきた実績を持つ川井さんに、開運につながる行動を聞いた。

太陽のエネルギーで龍神様を活発に

 自分自身が龍神様になりきるためには、欲をむき出しにするのではなく、リラックスした気持ちで過ごすことが大切。

「毎日やるといいのが、太陽に手をかざすことです。日光に含まれたエネルギーを取り込み、龍神様を目覚めさせます」

 朝起きたら午前中のうちに太陽に向かって合掌し、一礼する。そのまま親指を離さないように気をつけながら『逆Sの字』をつくる。

太陽に手をかざして、龍神様を目覚めさせる イラスト/門川洋子(『あなたの龍神様を目覚めさせる方法』より抜粋)

「右の手のひらを『太陽を映す鏡』とイメージして太陽のぬくもりを感じ取りましょう。さらに、右手で太陽のまわりをなぞるように回転させます。日光をすくい取るようなイメージで行うといいでしょう」

 日光を手のひらにすくい取れたら、右手の甲を左の手のひらにのせ、そのまま両手をへそにあてる。右手が感じている日光のぬくもりをおへそにゆっくり収めるように、しっかり押さえる。朝起きたら毎日行うことを習慣に。

自分の名前は運気を上げるカギ

 また自分の名前を唱えることもおすすめ、と川井さん。

「先祖代々受け継がれてきた名字、ご両親に授けてもらった名前にはあらゆる方々の思い、願望、愛が込められています。自分の名前にプライドを持ち、親への感謝を込めて、朝、夕方、夜に3回ずつ自分の名前を唱えることで、あなたを守るエネルギーが高まりますよ