「写真を見て驚きました。あそこまで変わっているとは……顔立ちも明らかに違っているし、はいているジーンズの太もも回りもパンパン。これは期待できますよ」

唐田えりかが役作りで激太り

 女性誌記者がそう語るのは、女優の唐田えりか(24)について。8月9日号の『FLASH』(光文社)が、ドラマ撮影中の剛力彩芽(29)と唐田が談笑する姿をとらえ、その変貌ぶりが話題になっているのだ。

当記事は「日刊大衆」(運営:双葉社)の提供記事です

 2人が目撃されたのは、80年代に空前の女子プロレスブームを巻き起こした、カリスマ”最恐ヒール”ダンプ松本の半生を、ゆりやんレトリィバァ(31)主演で描く23年公開予定のネットフリックスドラマ『極悪女王』の撮影現場。

「唐田さんが演じるのは、ダンプ松本のライバルのベビーフェイスとして驚異的な人気を誇った女子プロレスタッグ『クラッシュギャルズ』の長与千種さん(57)。剛力さんはライオネス飛鳥(58)さん役です。

『FLASH』では《階段を駆け下りてきた田舎少女》と評されていましたが、唐田さんにまったく以前の面影がない。10kg増量したということで、顔の輪郭も変わっているのが写真で分かります。街ですれ違っても、彼女を唐田さんと気付ける人はいないのでは、と思えるレベルです」(専門誌記者)

 唐田といえば、15年に同事務所の先輩である有村架純(29)の主演映画『ビリギャル』の試写会を訪れた際に、有村のマネジャーが《大型新人》として《唐田ちゃん、TMK(透明感)がすごいです!》とツイートしたり、期待の清純派女優として将来が期待され、'18年公開の映画『寝ても覚めても』で本格的なスターダムの道を歩き始めていた。