福原遥主演のNHK連続テレビ小説『舞いあがれ!』について、不満を訴える視聴者の声が急増している。

 朝ドラ第107作目として、10月3日からスタートした『舞いあがれ!』。長崎県を舞台に、ヒロイン・岩倉舞(福原)がさまざまな人々と触れ合いながら、旅客機のパイロットを目指すストーリーだ。

脚本家を名指しで厳しい意見

 11月21日からは第8週「いざ、航空学校へ!」がスタート。パイロットになる夢を実現するため、舞が航空学校に通い始める新展開となり、Snow Man・目黒蓮や山崎紘菜らが、ヒロインの同期仲間として登場している。

「21日の放送では、舞がアルバイト中に足をテーブルに引っ掛け、転倒しかけるコミカルなシーンがありました。さらに22日には、航空学校の寮で同室になった矢野倫子(山崎)が毎晩出かけていくことが気になり、舞がこっそり後をつけていくという場面も。視聴者はこうした展開について、『急にドラマの雰囲気が変わった』『舞はキャラ変したの?』などと驚いているんです」(テレビ誌ライター)

 同作は、脚本家・桑原亮子氏のオリジナル作品であるものの、嶋田うれ葉氏、佃良太氏も脚本協力として加わっている。視聴者からブーイングを浴びている第8週のクレジットを見ると、桑原氏から嶋田氏に脚本担当が変わったようだ。

「嶋田氏は2020年の朝ドラ『エール』で共同脚本を務めたほか、現在公開中ののん主演映画『天間荘の三姉妹』の脚本も担当。そこそこ実績はあるのですが、桑原氏が脚本を務めていた第7週までの評判がよかっただけに、ネット上には嶋田氏を名指しして、厳しい意見が続出している状況です」(同・前)