芸能
2022/7/13

生稲晃子氏、当選前に起こした“4000万円”訴訟トラブルが8月開廷! 原告は「出馬表明は遅らせてとお願いした」

女性アイドル選挙裁判生稲晃子
週刊女性PRIME
[写真 1/8枚目] 生稲晃子氏
[写真 2/8枚目] ツイッターでテレ東に抗議文を送ったことを明かした生稲晃子氏
[写真 3/8枚目] 「これで人生最後の…」出馬前にセーラー服を披露する生稲晃子(本人インスタグラムより)
[写真 4/8枚目] 『痛快!買い物ランドショップ島」の番宣をする生稲晃子
[写真 5/8枚目] おニャン子クラブ時代の生稲晃子(本人インスタグラムより)
[写真 6/8枚目] 昨年、右乳房再建手術で入院し、病室で撮った1枚
[写真 7/8枚目] 2016年3月、『ピンクリボンウォーク2016』に出席した生稲晃子1
[写真 8/8枚目] 生稲晃子(いくいな あきこ)1968年生まれ 東京都出身
1986年おニャン子クラブのメンバーとしてデビュー。おニャン子クラブ卒業後は、女優・リポーター・講演活動等で活躍。乳がん闘病を綴った『右胸にありがとう そして さようなら』(光文社刊)を執筆のほか現在は、『スイッチ!』(東海テレビ)火曜レギュラー、『直撃LIVEグッディ!』(フジテレビ系)水曜レギュラーとして出演中。
内閣府「働き方改革実現会議/働き方改革フォローアップ会合」民間議員、厚生労働省「がん対策推進企業アクションアドバイザリーボード」、内閣府「DV等被害者のための民間シェルター支援に関する有識者検討会委員を務める
この写真の記事へ戻る

Photo Ranking