(3)お菓子以外のもので代用するのもアリ

 ダイエット成功者は、栄養豊富なお菓子を選んだり、お菓子ではない甘いものを代用したりと、食べるものの選び方も上手です。たとえば次にあげるようなものを食べるようにすれば、おいしいうえに栄養もとれて一石二鳥となります。

・干しいも・甘栗

 最近、コンビニやスーパーで手軽に手に入るようになった干しいもや甘栗は、食べごたえが十分なわりにカロリーが低く、食物繊維が豊富な優秀食品です。

・寒天ゼリー・こんにゃくゼリー

 海藻からつくられる寒天や、こんにゃくいもからつくられるこんにゃくは食物繊維が豊富です。さらにゼリーはどれも比較的低カロリーですが、ゼラチンを使ったものより寒天ゼリーやこんにゃくゼリーのほうが、さらに低カロリーなので安心して食べることができます。最近ではどのコンビニにも寒天ゼリーがそろっているので利用してみてはいかがでしょうか。

甘みも噛み応えも満足なドライフルーツ
すべての写真を見る

・ドライフルーツ・果物

 ドライフルーツは鉄分・カルシウム・食物繊維などの栄養も豊富に含む優れものです。甘味も強く歯ごたえもあるので満足感も得やすいでしょう。バナナやみかんなど、すぐに食べることのできる生の果物をおやつ代わりにするのもOKです。

・ヨーグルト

 乳製品のヨーグルトならば、不足しがちなカルシウムもとれて一石二鳥です。ダイエット中のおやつの定番でしょう。

(4)お菓子は飲み物と交互に口にする

 お菓子は飲み物と一緒に食べると、同じ量でも満足感がより高まります。お菓子をひと口食べたら飲み物をひと口、というふうにお菓子と飲み物を交互にとるようにすれば、少量のお菓子でも満足できるのです。

 冷たい飲み物よりも温かい飲み物のほうが、ゆっくりと時間をかけて飲むことができるのでおすすめです。コーヒーや紅茶、ハーブティーなど、香りも一緒に楽しめばリラックス効果も得られます。

 ただし、飲み物の当分には要注意。コーヒーはブラックで、カフェオレやミルクティーなども砂糖を入れずに飲むようにしてください。