土屋「監督がいつも、業界用語っぽく、面白おかしくアドバイスなどをしてくださって。“シースー(寿司)”みたいに、“タオツチヤは~”という感じで(笑)」

芳根「途中からなぜか、太鳳ちゃんのことを、インスタグラムのアカウント名である“タオツチヤオフィシャルは~”って言い始めたり(笑)。“どういうこと!?”って、思わずツッコんじゃいました」

 映画『累-かさね-』で、ダブル主演を務める、土屋太鳳(23)と芳根京子(21)。“キスをすると、顔が入れ替わる”という設定のため、2人で1役、1人で2役を演じるという、難しい役どころだが、

芳根「普段は、私が演じる役の感情は、私しか心に持っていないんですけど、今回は太鳳ちゃんも同じ感覚、同じ感情を、共有していて。自分がつらいときも、そのつらさをわかってくれる人がいる心強さは、2人1役、1人2役だからこそ、味わえたと思います

土屋「累とニナの関係性は、お互いに強く求め合いながらも、はねのけてしまう瞬間があって。難しい、苦しい役でしたが、きょんちゃんのように、現場で話し合って、手を取り合って、ハグをし合って、一緒に歩める人だったからこそ、乗り越えられました

 お互いの“美貌”と“演技力”を求め合い、2人で1人になりきる累とニナ。土屋と芳根も、お互いの“自分にない魅力”は感じた?

土屋「もう本当にいっぱいありすぎて。まずきょんちゃんは、すごくパワフルで、エネルギッシュ。現場でも、きょんちゃんの笑い声が聞こえると“頑張ろう!”って思えるくらい、元気をくれる人なんです」

芳根太鳳ちゃんは、きちんと理解して、自分の中にすべて落とし込んでから演じられる人。私はそれが苦手で、いつも感覚でお芝居をしてしまうから、毎回演技が変わってしまうんです。お料理で言うと、太鳳ちゃんはきちんとレシピを見て作っているのに対して、私は“こんな感じかな?”と、味見をしながら、完成させていくタイプ。でもそれって、たとえ美味しくできても、感覚で作っているから、2度と同じ味が作れないんですよね」

土屋「そんなことないよ! 福山雅治さんが“料理上手は、芝居上手”って言ってたよ。それに、実は私も料理は、目分量で作ってるの……(笑)

(c)2018映画「累」製作委員会 (c)松浦だるま/講談社

<作品情報>
『累 -かさね-』
9月7日(金)全国東宝系にてロードショー
 誰もがうらやむ美貌を持ちながら、女優として芽がなかなか出ずにいる丹沢ニナ(土屋)と、伝説の女優を母に持ち、天才的な演技力がありながら、容姿に強いコンプレックスを抱く淵累(芳根)。そんな2人が“キスをすると顔が入れ替わる”という、不思議な力を持つ口紅を利用し、互いの美貌と演技力を掛け合わせ、女優としてのし上がっていく――。