両親・祖母と暮らす自宅から、都内の女児にアプローチしていた

「先生という立場にありながら、とんでもないことをしてしまったと思っております。本当に申し訳ございません」

 と容疑者の祖母は涙を浮かべながら頭を下げた。そして、

「でも、どうしてこうなったかは、私ども家族にもまったくわからないんです」

 と困惑の表情で語った─。

女児の裸の画像を入手

 東京都内に住む小4女児(9)に裸の画像を送らせたとして警視庁少年育成課と駒込署は11月13日、強制わいせつと児童買春・ポルノ禁止法違反(単純製造)の疑いで、茨城県守谷市の市立小学校講師・篠田泰輝容疑者(22)を逮捕した。

 全国紙の社会部記者は「成長期にある女子児童の心理を突いた卑劣な手口です」と説明する。

「容疑者は自宅で女子小・中学生に人気のスマホゲーム無料アプリ『ポケコロ』で小6女児になりすまし、対話機能を使って被害児童に発育の悩みを持ちかけている。

 自分から“胸が少し膨らんできちゃった”“毛がはえてきたよ”などと打ち明けるふりをして、相手に乳房や陰部の写真を撮影させ、その画像を自分のスマートフォンに送信させたんです。ゲーム内では、最初から話し相手や友達が欲しい子を狙っていたようです」

容疑者が利用した「ポケコロ」はキャラの着せ替えができ、「友達とゆるコミュニケーション」を謳う

 犯行動機について、

「うまく騙して裸の写真を手に入れることに、優越感を感じていた」

 と供述しているという。

 この事件が発覚する前、容疑者は別の小6女児にも裸の画像を送らせていたとして、宮城県警に同法違反容疑で10月23日に逮捕されており、2度目の逮捕だった。

 容疑者は隣県の私立大学を卒業した今年4月、実家へ戻って講師として守谷市の公立小学校に着任。れっきとした地方公務員で、3年生のクラス担任を務めていた。

 同校によると、

「無遅刻、無欠勤、まじめでおとなしく、子どもにやさしい先生です。非常に穏やかな人柄で、声を荒らげるシーンなど見たことがありません。教材研究に力を入れ、ほかの先生の授業を見学するなど熱心でしたしね。上司の指導にも素直に従っていました。だから、彼がなぜ? と正直、驚きました」

 と悪くない評価だった。