あなたのお口、年々渇いていませんか!?(写真はイメージ)

「唾液が少なくなると、脳卒中、がん、認知症、心筋梗塞(こうそく)のリスクを高めるってご存じですか?」

 と、教えてくれたのは、神奈川歯科大学口腔科学講座の槻木(つきのき)恵一教授。ヨダレとかツバとか呼ばれて、やさぐれた感じの唾液が、そんな重要なポジションにいたとは!?

「唾液は健康を守る大きな役割を果たしています。細菌やウイルスをブロックして、全身の病気の原因や悪化につながるのを防ぐのです。また、活性酸素を除去する抗酸化物質も唾液の中には含まれ、病気予防にもつながっています」

 さらに、こんなことも。

「近年では複数の病気のリスクが唾液からわかり、人間ドックなどで唾液検査が行われています。将来はもっと普及して、一般的な健康診断でも行われるようになるかもしれません」

 唾液の存在を過小評価していた自分を反省。

「唾液は1日に1~1.5リットルも出ています。しかし年を重ねるとその量が減って口が渇いてきます。それに伴い病気のリスクも上がるので、50代からは唾液ケアの始めどきです」(槻木教授 以下同)

 確かに更年期を迎えると、唾液が少なくなる感じがする。

「唾液が少ないと病気だけでなく、肥満や老け顔になったり、肌の老化リスクも高くなりますよ」

 それはイヤー! アンチエイジングに敏感な週刊女性世代は、唾液をもっともっと出していかねば!

「まずは、唾液の健康物質についてお話ししましょう。唾液は血液からつくられ、唾液腺から新たな物質が分泌され、再び血液中に戻ってきます。唾液中の物質は、現在わかっているだけでも、100種類以上あり、健康物質の宝庫といわれています」

 唾液は新時代の万能薬ともいわれているとか。

「唾液の成分の中には、細菌やウイルスにくっついてブロックしてくれるさまざまな抗菌物質が存在します。その中の代表的なものは、IgAと呼ばれる免疫物質です」

 IgAが少ないと、風邪をひきやすかったり、感染症にかかりやすくなるという。また、風邪だけではなく、

「本来なら口の中のIgAによって、撃退されているはずの歯周病に関係する悪玉菌が、大腸がんの表面で活動しているのが見つかりました」

 がんとの関係もあるというのは見逃せない。

 さらに、ラクトフェリンに代表される抗酸化物質、脳の老化を抑える物質、細胞の老化を遅らせる物質など、唾液の中には、身体を守る成分がモリモリ入っているのだ。

唾液力を鍛えて、量だけでなく質もアップ

「唾液の力を発揮するには、量だけでなく質を上げることも重要で、量と質を合わせて“唾液力”と呼んでいます

 まずは、チェック項目から量と質の点数を出して、自分の唾液力を確認。

【唾液力チェック!】
「はい」の場合、点数を加算しよう。合計3点以上は、唾液の質が落ちている可能性あり。

<量の確認>
1.飲料水が手放せなく、いつも持っている…1点
2.食物がパサパサして食べにくい…2点
3.口で息をしている…1点
4.いつも口がネバネバしている…1点
5.義歯が入れづらく、傷ができやすい…0.5点
6.口が渇く気がする…3点

 合計3点以上は、唾液が少ない可能性あり

<質を確認>
7.朝食を食べないことがある…1点
8.ヨーグルトはほとんど食べない…3点
9.野菜やイモなどはほとんど食べない…3点
10.脂っこいものが好き…2点
11.買い物や銀行でお金をおろすのが面倒…1点
12.家にいることが多い…1点
13.よく便秘になる…2点

「加齢とともに表れる口の渇きは、少しずつやってくるので自覚していない人がいます。チェック項目1の“飲料水が手放せない”にチェックをした人は、口が渇いている証拠です。チェック項目3の口で息をしている人は、鼻が悪い、歯並びによって口が閉じないなどが原因として考えられます。チェック項目6の口の渇きに自覚症状がある人は、かなり唾液力が落ちていると考えていいでしょう」

 花粉症や高血圧などの薬を飲んでいる人は、薬によって口が渇くことがあるというので、特に気をつけたい。

 では、唾液力を上げるにはどうしたらいい?