猫に熱湯を浴びせたりガスバーナーで焼き殺すなどした税理士、保護している猫を棒で叩くなどした動物愛護団体の理事長、自宅でネコを殺害した元奈良県嘱託職員など、日本各地で相次ぐ痛ましい動物虐待ニュース。

 昨年11月には、神奈川・相模原市で毒殺されたとみられる猫5匹が見つかったばかり。今度は、兵庫県の山陽電鉄本線沿線で、それは起こった。

「さらに掘ると耳が出てきて……」

「11月25日、姫路市的形町の民家で、自宅の前の花壇を掘り返したところ、下半身のない猫の死体が埋められていた。午前9時30分に家人が発見し110番通報したもの。前日の夕方に水やりしたときは、異常がなかったようです」

 と兵庫県警飾磨署の捜査関係者。発見時の様子を、その家の夫(70代)が明かす。

「朝、家を出るとな、花壇の花が抜かれていて、こんもり土が盛ってあったんや。花壇にはポピーが植えてあったんやけど、盛った土の上に1輪だけポピーがお墓みたいに挿してありました。なんや思うて掘り返すと白いものが出てきてな、さらに掘ると耳が出てきて、これは猫や思うてすぐに警察に通報したんです。

 今まで嫌がらせをされたこともないし、こんなことをされる心当たりもない。妻はすごい嫌がるから、私も話をせんようにしている。ほんま気持ち悪い。はよ忘れたいわ」

 家の前に人が近づくとライトが点灯するようになっていたが、誰にも気づかれることはなかった。犯人は死体を放置するだけでなく、なぜわざわざ猫を埋めたのか。

 80代の近隣住民は、

「この道は行き止まりで(猫が発見された家が一番奥)、通る人も限られる。土地勘がなければ、わざわざこんなところに埋めにこんと思うんやけどな……」

2018年11月に猫が埋められていたという花壇。猫の死体は花壇中央に埋められていた。現在は鉢植えが置かれている

 70代の主婦は、

「うちには孫がおるからな、子どもに危害を加えるようなことが起こらんか、それが一番心配。動物から人間にいくようなこともあるかもしれん」

 と不安げに話した。

 実はこの地域を含む姫路市の一部地域では、2017年〜18年にかけ、6匹の猫が不審な死を遂げているのだ。

 前出・捜査関係者の話。

「昨年6月24日には、飾磨区恵美酒の民家の前に置いてあるプランターに、生後2か月に満たない雌猫の下半身が埋められていました。同年7月16日には、背中を4センチ切られた猫を男性が発見。生存していたが、内臓がはみ出している状態だった」