(左から)ちーやん、みきーる、ジャガーともひろ
 実の兄弟で大のジャニーズファン! ジャニーズモノマネを得意とするお笑いコンビ・ジャガーズと、ジャニーズ事務所を丸ごと応援し続けて20年越えのジャニヲタライター・みきーるさん。2019年のカウントダウンコンサートでタッキー&翼が立った最後のステージの様子や、会場の熱気、ファンならではの視点で語り尽くす、濃いジャニヲタ対談をお届けします! (※この取材は1月下旬に行われました)

ともひろ「僕は滑り込みで応募したので“どうせ外れるだろうな”って思っていたんですけど、なんと当選!」

みきーる「私は滝翼のファンクラブ名義で当選しました!」

――ちーやんさんは、残念ながらお留守番だったと。

ちーやん「そうですね、テレビの前で応援してました(笑)。ともとは、“席どのへん?”とかのやり取りはリアルタイムでしてたよね」

ともひろ「ジャニーズのコンサートに1人で参戦するのが初めてだったんです! いつもはお兄ちゃんと一緒だから、“あ! あそこでスタンバイしてる!”とか盛り上がれたんですけど、今回はできないなと心配で。でも、いざトップバッターでジャニーズWESTが出てきたときに“うわぁ〜!!”って大声で叫んでました

みきーる「(笑)。ちなみに隣は誰担だったんですか? (ジャガーズのともひろだと)気づかれませんでした?」

ともひろ「確かキスマイでした。気づかれた感じはしなかったですね……」

ちーやん「帰ってきてからも、ずっと楽しかった楽しかったって言ってたよね」

みきーる「年に一度のお祭りですもんね。今回は視聴率もよかったですし、参戦した組とOA(オンエア)を見ていた組とで、温度差があまりなかったんじゃないかなと感じました」

テレビではOAされなかった言葉

――参加されたおふたりが特に印象的だったのは?

みきーる「今回はKing & Princeの岩橋(玄樹)くんにしても、Sexy Zoneの聡ちゃん(松島聡)にしても不在でしたけれど、それを“負”にしてしまわないようにみんなが頑張っていたことが印象的でしたね。存在を感じさせつつ、だからって悲しくさせないような気概を感じました」

ともひろ「OA後の最後のMCで、“(渋谷)すばるのことも応援してね!”って、名前を出してくれたのはすごいうれしかった。確か(生田)斗真くんでしたよね。(国分)太一くんも“TOKIOもまた出られるように”って」

みきーる「言ってましたね。フェスみたいに、1日かけてやっちゃえばいいのに! っていつも思うんです。昼間は未成年の子たちのステージで、深い時間には大先輩の屋良(朝幸)くんとかが出てきてくれたらうれしいし」

ちーやん「夏にも1回やってくれたらいいな〜」

みきーる「ですね。半期に1回くらいを希望!

――ともひろさんは、カウコンの銀テをゲットできたとか。

ともひろ「そうなんです! いつもだったら、取れても周りの人とかにあげちゃうんですけど……(取れたテープをカバンから出しながら)今回は、偶然にも僕の席に1本だけ落ちていたのでありがたくもらってきました」

当日飛んできたテープ。『JOHNNY'S COUNTDOWN2018-2019』の文字のあとに可愛らしいイノシシが

みきーる「すごい! キラキラのホログラムがきれい!!」

ちーやん「平成最後のカウコン銀テはお宝!」