ファンミーティング中に設けられた撮影タイムでの一コマ/著者撮影

「マン、マン、満足! 満員満足! 今日、満員で、ボク満足!!」

 草なぎ剛さんがおどけて歌い、稲垣吾郎さん、香取慎吾さんもこれに続く。3人は花道でジャンプし、踊り、メインステージに駆けていった――。

 2019年2月18日。東京・武蔵野の森スポーツプラザメインアリーナで行われた、新しい地図のファーストファンミーティング『NAKAMA to MEETING_vol.1』の東京公演最終日。

 雲ひとつない青空の祝福を受け、3人の顔に晴れやかな笑みが広がる。そのまばゆい笑顔に照らされて、“NAKAMA”たちの頬もふわりとゆるむ。

 成熟した大人のもてなしとは、こうなのか。最初から最後まで大切にされたひとときだった。

 2017年9月のファンクラブ結成から1年半弱。

 待ちに待った初ファンミに応募者は殺到、東京では追加公演を含め5公演が用意されたが、18日公演は「調子に乗って、まだ空席があった」(香取さん談)ため、急きょ会場引き換え分のチケットを販売。SNSでの拡散も功を奏し、見事満員になったという。冒頭に書いた草なぎさんによる“満員満足の歌”は、これに由来する。

 それにしてもこのファンミ、開演前から会場に満ちる空気が温かく、誠に心地よかった。新しい地図のファンは“NAKAMA”と呼ばれるが、みんな“NAKAMA意識”が強く、フレンドリーで優しい。私含め1人参加の大人が多く、先日は「1人で来たけどNAKAMAと意気投合して飲みに行き、みんなで乾杯している写真をSNSにアップしている人もいた」(香取さん談)そう。

 入場時はチケットと身分証、会員証を提示する本人確認が実施され、口頭でカメラ等の有無を聞かれたが、バッグに手を入れてのチェックはなし。ルールを守ればきわめて快適な時が約束された。

 コンテンツは盛りだくさんで、歌あり、トークあり、ファン参加の借り物競争あり。

 また、撮影OKの時間が設けられたり、ステージ上で香取さんが自身のインスタグラムに写真を投稿するなどの試みは、ここにいないNAKAMAと少しでも同じ体験を共有する意図もあったと思う。どのシーンでも3人が本当に楽しそうで、あっという間に2時間が経過した。