『名探偵・明智小五郎』 テレビ朝日系 3月30日(土)・31日(日) 夜9時~ (c)テレビ朝日

新時代の明智小五郎は
頭脳&アクションが魅力

 推理作家・江戸川乱歩が生んだ希代の名探偵、明智小五郎が主人公のオリジナルミステリー。舞台は、ネット犯罪の脅威が忍び寄る現代日本。明智は明晰(めいせき)な頭脳に加え、IT系の知識と技術、さらにアクションを炸裂(さくれつ)させて、サイバー犯罪に挑んでいく。

たくさんの俳優さんが演じてきた明智小五郎を演じることができ、光栄です。いろいろな作品に出演しましたが(自分にとっての)最高傑作のひとつです

 と、テレ朝ドラマ初主演の西島秀俊は自信を見せる。

 制作の経緯について、大川武宏ゼネラル・プロデューサーはこう語る。

「子どものころから土曜ワイド劇場の看板シリーズ、天知茂さんの『江戸川乱歩の美女シリーズ』の大ファンでした。テレビ朝日で働く以上、1度は映像化したいとずっと思っていました。私自身が江戸川作品のファンなので、最大の敬意を払い現代版の明智小五郎にしたい、と思っていました

 西島さんは運動能力の高さと肉体のタフさを持ちながら、ナイーブな内面の演技ができる方。深い闇の表現、コミカルさ、温かく家庭的な優しさなど、いくつもの顔をお持ちです

 西島さんが演じてくだされば、明智の現代版ができると強く感じました。西島さんにオファーするなかで、お互いのイメージが近いことがわかり、今回の企画が2年前にスタートしました

 江戸川作品を読破、可能な限り映像化作品も見て研究したという大川GP。

「昭和初期の世界観を映像化するのは難しいと判断しました。そこで、神出鬼没の“怪人二十面相”を、現代で問題になっているサイバー犯罪や悪徳ハッカーに置き換えることができないかを考えました。

 対する明智は、素人探偵ではなく、警察が手に負えないような新しいネット犯罪を得意とするIT系サイバーセキュリティー企業の元経営者で、大富豪にしたらどうかと思いついたのです」

 江戸川作品の『少年探偵団』は、少年の心を持った“中年探偵団”のハッキング集団『チームBD』として登場する。

「刑事ドラマ、アクション、サスペンス、夫婦コメディー、最先端のCG合成……。てんこ盛りの内容ですが、いちばんの魅力は、最高の俳優たちが演じるユニークなキャラクターにつきます“また、この登場人物に会いたい”と思っていただければ成功です」(大川GP)