「日本にいながら海外留学できる」とバブル期に話題となった海外大学の日本校ブーム。しかし、いまや学生数の減少などもあり、ほとんどの大学が撤退した。

 そんな中、北海道には今年で開校25周年を迎える日本校が。なんとロシアの大卒資格を取得できるのだ。

国公立大学並みの学費で通える

 函館市にある『ロシア極東連邦総合大学函館校』は、日本で唯一、ロシアの大学の単位を取得できる日本校。ウラジオストクと函館市が姉妹都市となったのを契機に、教育分野における日露の協力関係を強化するため1994年に函館校が誕生した。

 本部の『極東連邦総合大学』はウラジオストクにあり、1899年に創設。学生数は2万3000人、9つの学部を持つロシア極東最大のマンモス校だ。

 日本では専修学校として登録されているため、大卒資格は得られず高度専門士または専門士となるが、日本の大学院への進学は可能。就職時も企業・団体によっては4大卒として扱われる場合もある。

 函館市の支援を受けており、学費は入学金15万円、授業料年間70万円と、国公立大学並み。

 学科は4年制のロシア地域学科、2年制のロシア語科が設置されており、現在は44名の生徒が学ぶ。授業はロシア語会話のほかにもロシアの文化、歴史、政治、経済などが学べる。

函館港を一望できる絶景の、八幡坂に面して立つロシア極東連邦総合大学

「7人の専任教員のうち5人はロシア人で、ウラジオストク本校から派遣されており、生きたロシア語を習得できます。また、大きな特徴は留学体制の手厚さ。2年制の学生は2年次に1か月、4年制は3年次に3か月、ウラジオストク本学で語学実習を行います。卒業年次には、ロシアの大学入学資格にもなるロシア語能力検定1級が取得できるレベルまでになります」

 と教えてくれたのは、総務課長の大渡涼子さん。

 ユニークなのが、ロシア語をより親しみやすく学ぶため、学生それぞれにロシアの名前が与えられること。選択肢のなかから学生が自分で名前を選び、授業中は「ミシャ」「ユラ」など呼び合う。

「教員も学生同士も、日本語の名前をつい忘れてしまうこともあります」(大渡さん)