(左上から時計回りに)春風亭昇太、山田隆夫、三遊亭圓楽、三遊亭小遊三、林家木久蔵、林家たい平

 弱肉強食のテレビの世界では、視聴率が取れない番組はすぐに打ち切られてしまいます。とくに、スポンサーからの広告収入に頼っている民放ではそれが顕著です。どんなに面白い番組であっても、数字が悪ければ長続きはしません。テレビ番組が長く続いているというのは、ただそれだけで価値のあることなのです。

 全国ネットの民放番組の中で、最も長い歴史があるのは1962年に始まった『キユーピー3分クッキング』(日本テレビ系)です。実は、これに続く歴代2位に入っているのが『笑点』(日本テレビ系)なのです。

 1966年に始まった『笑点』は、現在54年目に突入している恐るべき長寿番組です。60歳以下の日本人が物心ついた頃からずっと放送しているわけですから、その歴史には並々ならぬ重みがあります。

当記事は「東洋経済オンライン」(運営:東洋経済新報社)の提供記事です

人気の秘密は「大いなるマンネリ」

 しかも、特筆すべきは、『笑点』は現役の人気バラエティー番組だということです。ここ数年は視聴率15~20%を安定して保っていて、週間バラエティー視聴率ランキングではベスト10の常連です。ニュース番組などと違って、はやり廃りの移り変わりの激しいバラエティーの世界で、50年以上も同じスタイルの番組が人気を維持しているのですから、驚くほかはありません。なぜ『笑点』はこれほど長年にわたって多くの人に愛されてきたのでしょうか。

 その理由を一言で言うなら、「大いなるマンネリ」を確立したからだと思います。「マンネリ」という言葉は悪い意味で使われることが多いのですが、この場合は悪く言っているわけではありません。番組を長く保つための「型」を作ったことが成功の秘訣だと言いたいのです。

『笑点』という番組を長年見ていると「今に逆らわず、今に流されない」という哲学のようなものを感じることがあります。いわば、つねに新しいものを取り入れながらも、大事なところは昔からずっと変えていない、というふうに見えるのです。