(写真左上から時計回りに)小澤廉、黒羽麻璃央、鈴木拡樹、佐藤流司、崎山つばさ、高野洸、荒木宏文、有澤樟太郎

 マンガやアニメ、ゲームを原作とした舞台=2.5次元エンターテイメントの人気はもはやブームではなく、エンタメのジャンルとしてすっかり定着しています。

 そこで、週刊女性PRIMEでは2017年の夏以来、2年ぶりとなる、2.5次元俳優(マンガ・アニメ・ゲームなどが原作の舞台に出演した経験がある俳優)や作品に関するウェブアンケートを実施(2019年6月8日~7月7日)。6282件の回答が寄せられました。ご協力いただいたみなさま、誠にありがとうございました。

 ここでは、「いちばん好きな2.5次元俳優」トップ10を発表! 全員ではありませんが、ご本人からのコメントもいただきました♪ 投票してくださった方々のコメントとともにお楽しみください。

1位:佐藤流司(1703票)

2.5次元ファンを増殖させる絶対的プリンス
佐藤流司

<佐藤流司からのコメント>

 今まで数々の1位という1位を総なめにしてきた私ですが(大ウソ)、今回このような大変名誉あるランキングで1位をいただけたこと、心からうれしく思います。これもひとえにいつも見守ってくださるみなさまのおかげです。本当にありがとうございます。今後さらに精進してまいりますので、またこういった機会があれば、ご協力よろしくお願いいたします。

Q.今後の俳優としての目標、意気込みをお願いします。

 今後はさらにスキルや魅力を磨き、私なしの生活が考えられなくなるレベルのファンが日本中にあふれかえる、そんな役者を目指していきます。

Q.直近のお仕事についてのPRコメントをお願いします。

 今秋より、ライブ・スペクタクル「NARUTO-ナルト-」~暁の調べ~、の再演がございます。まだ稽古も始まってはいない段階ではございますが、初演より格段に強くなったうちはサスケをお見せいたします。

<ファンからのコメント>

吸い込まれそうな大きな目、漫画から出てきたような容姿、アクロバティックな動きができる身体能力、意外と低くてハスキーな声、一切カッコつけてなくて面白い表現をする脳みそ。そのすべてを使って表現する、なりきる芝居に、ものすごいパワーのある歌声。ここまで魅力的な人はなかなかいないし、そのすべてに惹きつけられます!」(40代・マスコミ)

彼がいなかったら2.5にはハマらなかった。それくらいスゴイ」(30代/公務員)

キャラ愛が素晴らしいです。見た目の再現度が高いだけでなく、キャラクターを掘り下げて理解してくれているからこその動作やセリフにいつも感動します。2.5次元作品でいちばん大切なのは、ファンと同じように原作を好きでいてくれることだと思います。作品リスペクトな姿勢も大好きで、初めて観劇したときから目が離せなくなりました!」(30代/医療)

カッコよくてかわいいとか、ヤバい。クールなのに一生懸命なのが伝わってきてキュンキュンします」(30代/パート・アルバイト)

「なによりユーモアあふれるその中身。思わずクスッと笑ってしまう“流司節”が大好きです!」(20代/美容)

2位:鈴木拡樹(948票)

すべてが群を抜いている2.5次元界のレジェンド
鈴木拡樹

<鈴木拡樹からのコメント>

 好きな2.5次元俳優ベスト10の2位に選んでいただきましてありがとうございます。振り返るといろいろな作品をやってきたなと改めて思います。どの作品をみなさまに見ていただけたのかわからないですが、見ていただいて、僕のことも知っていただき、そして僕が出演していた作品のことをより好きになっていただけていたら大変うれしく思います。今年1年も頑張っていきますので、また新しい作品にみなさまが触れていただけることを望んでいます。投票ありがとうございました。

Q.今後の俳優としての目標、意気込みをお願いします。

 今後も舞台でしっかりと、いろんな役を務めていけるように頑張っていきたいなと感じています。ひとつひとつの作品に愛情と熱量をもって臨んでいけるように、しっかり体力をつけて頑張っていきたいなと思います。

Q.直近のお仕事についてのPRコメントをお願いします。

 舞台「幽☆遊☆白書」に蔵馬役で出演します。自分にとっても学生だった青春時代に読んでいた作品ですので、この作品が舞台化されたことにとても高揚しています。また、考え方によっては舞台では難しい原作でもあり、そして舞台だからこそできることもたくさんあるなと思う作品でもあります。みんなで力を合わせて、みなさまの期待どおりの部分とみなさまの期待を上回る部分が生まれる、いいバランスの作品になっていければいいなと思います。ぜひ、この作品にも触れていただきたいと思いますので、一同、劇場でお待ちしております。よろしくお願いします。

<ファンからのコメント>

憑依型の鈴木拡樹、あまりの憑依っぷりに恐怖をも覚えます(笑)。さすが2.5の帝王です」(10代/学生)

作品への真摯な態度がとても素敵。ファンだけでなく、役者やスタッフからの信頼も厚く、彼を尊敬し目標とする後輩がたくさんいるという人間性も魅力」(20代/医療)

「演技力、存在感、芝居への情熱、容姿、すべてが群を抜いているレジェンド」(30代/クリエーター)

殺陣の美しさ、和服の衣装さばきの優雅さはいつ見てもため息がこぼれます」(20代/医療)

「仏のような優しさとまじめさが普段からにじみ出ている」(20代/クリエイター)