1998年にデビュー以来、アテネ・オリンピック日本代表選手団公式応援ソング『夢がチカラ』など、オリジナル作品はもちろん、CM音楽、アニメ主題歌、ゲーム主題歌なども手がけ、国内外で活躍するKOKIA。

 現在3歳になるひとり息子レオナルドくんの母となってからは、『tontonton』というプロジェクトも立ち上げ、大人も子どもも楽しめる「どうぶつ」や「いきもの」をモチーフにした音楽で新たな人気を得ている。

 海外でも活躍するKOKIAは、レオナルドくんにも早くから英語に慣れ親しむようにしているという。すでに、日本語でも英語でも会話ができるようになっているというレオナルドくんにどのように学ばせてきたのでしょう? ご本人にインタビューしてみると……。

話をちゃんと聞き、きちんと伝える

あどけなく笑うレオナルドくん

──3歳ですでに2か国語を使えるってすごいですね

 英語が話せる相手とは英語で、日本語が必要な場面では日本語で、というふうに自然に使い分けるようになってきています。

 どの言語でも、言葉でいちばん大事なのはコミュニケーション力。話したい、伝えたい、知りたいからこそ言葉は身につくと思うので、その意味で、子どもの話をちゃんと聞く、そして、こちらの話もきちんと伝える、ということは意識して心がけています。子どもが“ママと話したい″という気持ちを持てるようにすることが大事だと思います。

──何か特別に勉強していることはありますか?

 特別な勉強というよりは、ネイティブのきちんとした言葉にどんどん触れてインプットしていくのが、特に小さいうちは効果的だと思っています。

 そもそも息子をインターナショナルスクールに入れていることはもちろんですが、日本に住んでいる以上、それだけでは英語を本当の意味で身につけるのには不十分だと思います。親子で勉強という意味でわが家では、ふだんテレビをつけるときの音声はすべて英語にしています。私はネイティブではないので、自分のための勉強も兼ねてですね。

 もともと私はあまりテレビを見ないので、1日のうちのそれほど長い時間ではありませんが見ている息子は、“テレビは影響力がある”というとおり、私よりハイペースでどんどん英語を身につけていってるように感じます。

KOKIAさん

 こんな言い方をするのは、頑張っていらっしゃる親御さんに失礼かもしれませんが、高いお金をかけて、子どもが小さいうちから、日本人が英語を教えるような英語塾に通わせたりするのは少し中途半端な気がします。

 音楽もそうだと思うのですが、結局は“海外の人とつながりたい! 話したい!”とか“音楽でつながりたい! 世界に飛び出したい!”というような興味が自分の内から湧き出てこないかぎりは、環境をどっぷりそれにする以外、身につくはずがないように思うんです。

──KOKIAさん自身はどのようにして外国語を身につけたのでしょうか?

 私も3~4歳から英語は習わされていたのですが、そんなに身につかず、学校の英語の成績などもあまりよくありませんでした。ただ、学校の英語の成績がよかった人でも、大人になってあまり活かせていない人ってけっこう多いですよね。

 言葉ってやはり使わないと意味がない。私の場合、音楽で世界の人とつながっていきたい、コミュニケーションをとりたいという思いが強くなって、かなり苦労しましたが、とにかくどんどん英語を実践で使うようにしはじめてから、コミュニケーションがとれるようになっていきました。それでもまだ今も子どもと一緒に勉強を続けています。