反撃する力がないとみられた女性に対し、理不尽な暴力の矛先が向けられる事件が相次ぐ。

「男にわざとぶつかられたことがあります。おとなしそうに見えて反撃されないと思われていたのかもしれません」

 30代の主婦、林恵理子さんは以前、移動中に男に体当たりされる被害に遭ったことを明かした。

全治約3週間の胸部打撲

 昨年、女性に体当たりをする男の動画や情報がSNS上で拡散されたが、警視庁丸の内署は9月26日、神奈川県藤沢市の会社員、記内良之容疑者(49)を傷害の疑いで逮捕した。男は歩きスマホ女性に体当たりを繰り返していたという。

「今年6月25日、東京メトロ千代田線二重橋前駅構内で、前から歩いてきた被害者(女性会社員、当時34)に対し、右ひじを突き出した状態で体当たりをするなど暴行を加え、約3週間の胸部打撲の傷害を負わせた」(捜査関係者)

記内容疑者が犯行を重ねた千代田線二重橋前駅

 付近では同様の事件が報告されており、6月上旬には30代の女性が体当たりを受けて骨折。9月にも50代の女性が頭を負傷していた。

 記内容疑者は「3日に1回くらいやっていた」と供述していることから、他の被害者との関連性が疑われる。

 犯行に走るきっかけは、約2年前。容疑者に歩きスマホの人がぶつかり、階段を落ちる被害に遭ったからだという。その復讐のために、見ず知らずの女性を狙い、体当たりを繰り返していたという卑劣さ。