去る1月22日発売されたSnow ManとSixTONESのデビューシングルは発売3日でミリオンセラーを記録。2020年のジャニーズ事務所は、ロケットスタートを切った。

 2019年は、嵐が2020年いっぱいでの活動休止を発表。ジャニー喜多川社長が死去し、藤島ジュリー景子新社長&滝沢秀明副社長体制に変わるなど、大きな節目を迎えたが、2人にもめでたい新年となったはずだ。

 今年のジャニーズは2大テーマを抱える。その一つが嵐のひとまずのラストイヤーであり、もう一つがタッキー副社長路線の本格発進である。

 嵐に関しては、5月に開催される新国立競技場のこけら落とし公演や『NHK東京2020オリンピック・パラリンピック放送スペシャルナビゲーター』に就任すること以外、まだ発表されていないが、ファンに直接お別れを言う空間として、2019年に続くドームツアーなども行われる可能性は十分。民放各局も嵐の特番企画に早くも躍起になっており、最後のステージはNHK「紅白歌合戦」の大トリ歌唱が確定的だ。 

嵐の5人

 とはいえ、ここに来て、不穏な空気も流れる。

「メンバーの関係がバラバラ。原因は去年11月の二宮和也の結婚発表です。『なぜ今?』と憤るメンバーがいた。お祝いコメントを出したのが相葉雅紀と櫻井翔の2人だけというのが確執を物語りました」とワイドショー関係者。

 祝福した櫻井が今度は、元ミス慶應という30代女性とのバカンスを報じられ、二宮に続くゴールインすらウワサされる。メンバー間の仲の良さが魅力だった嵐の結束が乱れるとなれば、五輪以降の集大成ムードにも影響が出かねない。

 そんなこともあり、タッキー副社長としては、新路線確立に力を注ぎたい思いだろう。キーワードは「世界進出」だ。1月2日、帝国劇場での「ジャニーズアイランド」の初日公演前に報道陣の取材に応じた際、ジャニー前社長が夢枕にあらわれ、「僕のやり方にこだわらないで、もっと新しいことをやりなさい」と告げられたエピソードを告白。その霊言を「何を迷っている? 世界をちゃんと見なさい」というメッセージと受け止めたことも明かした。

 各グループのYouTubeチャンネルを立ち上げたり、五輪期間中に「滝沢歌舞伎」の公演を予定するなど、すでに国境を越えてジャニーズの魅力を届けたいという思いはあふれているが、夢枕の話は、今年はそれを加速させる決意をジャニー社長の言葉として再確認したという表現だろう。

 本格世界進出となれば、ツアーやキャンペーンにも多額の出費が懸念されるが、YouTubeや嵐のネットフリックスのドキュメンタリーなど、これまで利用してこなかったネットによる収入も大きいので、準備は整っている。

「例えば世界的にも人気なBTS(防弾少年団)の公式YouTubeは再生回数数千万回は当たり前、コメント欄には英語を始めとした外国語が溢れています。ジャニーズJrの動画は一部を除きまだそれには及びませんが、外国語のコメントが増えてくれば、世界進出も順調に進んでいると評価できるでしょうね」(アジアでもビジネスを手掛けるIT会社役員)

“ジャニーズ株”相続についての専門家の見解

 さて、夢枕でタッキー副社長を鼓舞したジャニーさんだが、事務所に“宿題”も残しているという。

「ジャニーさんの相続が大変らしいですよ。手間と金額の両面で。なにせ一代で築き上げた大芸能事務所。事務所の株式の評価額が高いらしく、それがジャニーさんの相続財産のかなりの部分を占めるようです」(民放テレビ局社員)