今、ダレノガレ明美の一連の行動がネットで話題になっているのだが、その展開がすさまじい。

 はじまりは5月5日にネットニュースで大きく報じられた“薬物使用疑惑”。この件にお怒りのダレノガレはツイッターで記事を引用し否定。2日後に所属事務所も書面で抗議し、法的措置も辞さない考えを示した。しかし、同時期にネット上でまさかの“パパ活疑惑”が浮上していたのである。“パパ活”をやっていると思しき一般女性がSNSのライブ配信で、「知人男性からスマホ内のヤバい写真や動画を見せてもらった」ときのことを回想し、「ダレノガレのもあった」と暴露していたのだ。

 そのことはすぐにSNSで拡散され、ネットニュースに取り上げられる事態に……! まさに第2の矢である。これに彼女もすぐにツイッターで応戦するも、タイムラインは荒れ地と化した──。

 “炎上クイーン”としての地位を確立して久しいダレノガレ。ちょうど1年前の5月にも、《久しぶりにあった人が全然顔ちがくなっていてわぁーってなったけど、言わないほうがいいんだよね?聞かないほうがいいんだよね?笑》と整形を揶揄するようなツイートが燃えてネットニュースになったのが記憶に新しい。だが、かつてここまでタイムラインが熱気に包まれたことはなかったのではないか。

過去にスクショされ、叩かれたダレノガレ明美のツイート(ツイッターより)

 ところが、事態は大きな展開を見せる。5月10日、ダレノガレがまさかのツイートを放ったのだ。

《みなさんに報告です(星の絵文字)2020年7月に念願の美容クリニックをオープンする事になりました!それにあたり働いてくださる方を募集します》

 うそーん! 今それ言う!?  「薬物」「パパ活」と、2つの疑惑をかけられ、ツイッターが荒れているなかで、まさかのクリニックオープンの知らせ。確かに、もともと7月のオープンが決まっていたのであれば仕方ないことなのだろうが、タイミングの悪いのなんの。開業を失敗に終わらせようと画策する者がこの時期を見計らってメディアにネガティブな情報を広めたのでは、と邪推したくなるほどの“陰謀論感”すら漂う。

 どちらにせよ、「美容クリニック」と2つの疑惑の食い合わせの悪さはハンパないということもあってか、完全に“シロ”証明するためにダレノガレの奮闘がはじまった(そういやハリウッド女優になる話はどこいった?)。

「自分的には満足ですか?」

 11日以降、“法的手段”よりも早く身の潔白を証明しようとしてか、薬物検査を受ける過程をツイッターに連投。法科学鑑定研究所の立ち会いのもと、何と髪の毛を1000本も切り、その模様を動画で撮らせるというエキセントリックな行動をみせた。そして「パパ活」の件についても、その配信を行った本人がダレノガレにSNS上で“人違い”だと謝罪し、和解したことをツイート。猛スピードで事態の収束を図ったわけだ。

 これで安泰、クリニックに届いた履歴書に目を通し、面接の準備にとりかかれる……かと思いきや、それと前後するように今回のクリニック開業を受けて、一般ユーザーによるあるツイートが拡散されている。昨年起こった“整形揶揄”ツイートのスクショとともに、

《整形した知人のことをめちゃくちゃ陰湿な感じでバカにしてた人が経営する美容クリニック誰が行くん?お客さんに「わぁー笑、顔がちがくなりましたね笑」とか言うん?》

 と強烈な文言。よくもまぁ1年前のツイートを画像フォルダに保存してたな、という話だが、これがアンチダレノガレの執念……! この「美容クリニック開業というタイミング」を狙って、オイルをぶちまけそこに火矢を放ってきたわけだ。多くの非難が寄せられ、ツイッター界隈は荒れた。

 それに対し、ダレノガレも即座に行動に出る。無視すればいいものの、わざわざそのツイートを引用し、反応した文言がこれである。

1年前の自分のツイートに反応するダレノガレ明美(ツイッターより)

《わぁー綺麗になりましたね(ハートマーク)自分的には満足ですか? って言います》

 きっと「お客様、満足していただけましたでしょうか?」的なことを言いたかったのだろう。しかし、《自分的には満足ですか?》ではなんだか客を煽っているようにみえなくもない。言葉のあやなのだろうがこの表現が誤解を生み、非難のコメントが多く寄せられしまった。もはや彼女のツイッターは、本人にはまったくその気がなくてもトラブルを発生させてしまう“自動炎上製造機”だといってもいい。たぶんアンチは次の炎上機会を狙ってこのツイートのスクショもきっと撮っている、だろう。

 つまり、「ダレノガレが炎上を呼ぶツイート→アンチがスクショを保存→ダレノガレの行動の矛盾を突く→ダレノガレが炎上を呼ぶリプライ→アンチがスクショを保存→以下同」と、無限にネタを提供し続けてしまっているという構図だ。どうりで最近バラエティーで荒れる発言をする機会が減っているにも関わらず、ネットニュースで毎度、「ダレノガレ炎上」と書かれ続けるわけだ。

 それらの報道により、ダレノガレの地獄のようなタイムラインでだけ行われている発言ややりとりが世間に知れ渡り、“炎上クイーン”などと呼ばれるようになるわけだ。特にコロナ禍で在宅で仕事をする機会が多い今は、ネットニュース記者の格好の餌食だろう。ネット媒体が彼女のアカウントに常に張り付いているはずだ。

 実際にガールズニュースサイト『モデルプレス』は、炎上ネタではないものの、「美容クリニックを開設する」とツイートしたわずか29分後にその内容を記事化し、公開している。パソコンのページ更新ボタン連打でもしていないとそんなに早く書けんだろう……。なんたるスピード感。とりあえず今後も、毛髪検査の結果が2~3週間後ということで、しばらく張り付かれること必至だろう。結果がツイートされれば陽性だろうが陰性だろうが、各媒体、ヨーイドン! である。

 ゴシップ界の生態系はそのようにして成り立っている。

〈皿乃まる美・コラムニスト〉