つなげよう! 支援の輪

「ENJOY!おうち時間」ではツイッターで“#おうち時間これやるぞ宣言”を募集したところ、

「資格試験の勉強をする」「苦手だった運動を習慣にしたいです」「おうち時間は片づけ、断捨離です」「全国のおいしいものをお取り寄せしたい」

 などのコメントが寄せられている。

「ポジティブな意見が多いです。自分の身体や頭を鍛える自己投資を宣言される方も多く、それに付随した商品が売れています」(藤本さん)

 さらに“つなげよう! 支援の輪”として、掲載商品を購入すると1商品につき100円を、新型コロナウイルス感染症対策の支援募金として寄付する取り組みを実施した。

「支援募金をすることで、(購入者には)誰かのためになる、と思ってもらえます。店舗側、購入者ともに喜んでいただけています」(同)

 おうち生活を楽しく、充実した時間を過ごせるためのお役立ち商品の一助に!

世界的ヒット!“あつ森”と“ネトフリ”
 世界規模の巣ごもりによって2大“コロナ特需”となったのが、“あつ森”こと任天堂ゲームソフト『あつまれ どうぶつの森』と、米国の動画配信最大手のネットフリックスだ。
 3月20日発売の『あつまれ─』は、3月期だけで全世界で1177万本を販売。「Nintendo Switch向けのソフトウェアでは過去最大の滑り出しを見せています」(任天堂)。爆発的な人気に一時、品薄や関連する攻略本が手に入らないなど話題になった。 
 ネットフリックスは、3月末の有料会員数が昨年末から1577万人増え、世界で1億8286万人に達した。1~3月期の純利益は、前年同期の約2倍、7億900万ドル(約760億円)にのぼった

“あつ森”こと任天堂ゲームソフト『あつまれどうぶつの森』
すべての写真を見る