『しげログ』は商品プロデューサーとして活躍し、海外のファッション・流行などをナビゲートしているしげるちゃんが毎回「会いたい人」と「好きなお店」で対談! ゲストの“素”を引き出しちゃいます。第10回目のゲストは俳優の斉藤祥太・慶太さん。初となる三者対談は後編も大盛り上がり!(※対談は3月25日に行われたものです)

* * *

しげるちゃん(以下/しげる)「じゃあ後編は、“双子”って切り口でお話を伺おうと思うんだけど。やっぱり喧嘩とかするの? 例えば山形に三ヶ月まるまる行ってたじゃない? その間どうだった?」

斉藤祥太(以下/祥太)「喧嘩ですか? しましたよ(笑)」

斉藤慶太(以下/慶太)「しますよね、やっぱり(笑)。昔はもう喧嘩ばっかだし。取材とかでも“お前うるせえよ”とか。で、もうみんな周り困っちゃうみたいな。僕たちの仲では普通のコミュニケーションなんですけど。やっぱ現場は凍っちゃう。しかもガチなんで

しげる「そりゃ、みんな凍るわ。しげるなんか得に1番先に凍っちゃう(笑)。でも、双子だから良かったってメリットだってあるでしょ?」

祥太「やはり映画『タッチ』とか、双子ならではのお仕事が来ることはメリットかも知れないですね。あとハリウッド映画の『スコット・ピルグリム VS. 邪悪な元カレ軍団』に出演できたことや、ヨーロッパで流されたイギリスのCM。アジア人の双子の俳優を探しているということでオファーをいただいたこと。世界にはばたけたのは、僕たちが双子だったからかもしれません

斉藤慶太

しげる「なるほどね、仕事以外では、『双子ならでは』ってエピソードとかはあるのかな?」

祥太「気になる女の子がいたとしても、結局学校のマドンナ的な女の子だったから、そういう感じでしかなくて、具体的に好きな女の子がかぶるとか、取り合ったりはなかったかな」

慶太「そういえば、お腹が痛いと思って保健室へ行ったら、隣のベッドで祥太もお腹が痛いって寝ていたことはあったね(笑)。あと、友達と映画を観に行ったんですよ。そしたら同じ映画館に祥太がいて(笑)

祥太「それも同じ時間帯の同じスクリーン。あれはビックリしましたね。多分『スパイダーマン』か何かだと思ったんですけど、終盤あたりで咳払いが聞こえて。『今の咳払い、どこかで聞いたことがあるな』と思って、まさか、と探したら、結構近くに慶太が(笑)

 

しげる「え~面白い! 二人は遊んでいるメンバーも同じなの?」

祥太「地元だとそうですね」

慶太「でも昔は『祥太がいるなら行かない』って言ってたんですよ

祥太「やっぱり、比べられたりすることもあったりしますしね

慶太「今は違います。逆に、祥太がいるなら、僕も遊びに行こうっていうふうになりました(笑)

斉藤祥太