長引くコロナ禍で、お店の料理を配達代行する「フードデリバリー」の勢いが止まらない。そのサービスにいち早く目をつけ、業界のトップランナーになったのが出前館・会長の中村利江さん。女子大生起業家、若き営業のエース、ワンオペ育児をこなす母親……、さまざまな体験と奮闘を重ね、「箱入り娘」はスーパーウーマンになった。「世のため、人のためになる仕事がしたい」夢をかなえたくて──。

モットーは「お客様と加盟店第一」

 新型コロナウイルスの感染拡大による自粛から、フードデリバリーが脚光を浴びている。街角でウーバーイーツ、 メニューなどのバイクや自転車を見ない日はないほど。なかでも、最大シェアを誇るのが出前館だ。

店舗で商品を受け取った配達代行スタッフが、お客のもとへ届ける。撮影/渡邉智裕

 かつては自前の宅配網を持つお店だけを取り扱っていたが、2017年から始めた「シェアリングデリバリー(R)」が大ヒット。地域の配達拠点から、多種多様なお店の食べ物を配達代行するサービスで「自宅にいながらにして、おいしいものを食べたい」というニーズをとらえた。

 その仕掛け人が出前館・代表取締役会長の中村利江さん(55)。猛暑まっただ中の8月11日、岡山県で新たに展開されたシェアリングデリバリー(R)の拠点に彼女の姿があった。

 岡山市内の『Cafe&創作DINING TSUBOYAN』にポロシャツとジーンズのラフな姿で現れた中村さん。到着するやいなや駆け寄ったのは、ツボヤンの梶田博志店長のところだった。

ツボヤンの梶田店長 撮影/渡邉智裕

「できる限り、現場の生の声を聞きたいと思っています。こうやって実際に提携先に行けるときには“言いにくいことがあったら直接、言ってくださいね”と声をかけさせてもらっています」

 と、穏やかな口調で語る中村さんのモットーは「お客様と加盟店第一」。出前館の強いこだわりでもある。