狙い目は、発行枚数1万枚以下

 続いては、小銭をチェック!

「硬貨は発行枚数の少ない年号のものがプレミアムに。例えば、1円玉は年に1億枚ほど造られる年もありますが、令和元年は50万枚程度しか発行されなかったため価値が上がりました。

昭和32年の5円玉は、完全未使用もので15000円ぐらい、平成24年の1円玉は4000円以上、5円玉、50円玉だと6000円以上になることも。
すべての写真を見る

 平成23年~平成25年の1円玉・5円玉・50円玉は『ミントセット』(造幣局発行のケース入り貨幣セット)として販売するためだけに造られたため、発行枚数が極端に少なく、価値が高騰普通だったら市場に流通していないはずのものですが、コレクターが手放したものが出回り、おつりなどで手にすることもありえます

 5円玉、50円玉のエラーコインも、レアながら意外と見つかる可能性がありそう。

「見つけて、売りたいときは、お小遣い稼ぎ程度ならヤフーオークションが手軽。価値が高いものは、コイン商のオークションに出品するか、買い取りを依頼するといいですね」

 伊藤さんは、「海外のコインや記念硬貨にも、ぜひ注目してもらいたい」とも。

イチオシは、2019年に発行された、『ウナとライオン』の金貨と銀貨。これは、“世界一美しい金貨”との異名をもつ、1839年にイギリスで発行された金貨の復刻版。オリジナルは世界に400枚しかなく、現在、1億円以上の値がついています。今年7月、復刻版の銀貨を適正価格の12万円で手に入れたのですが、その後なぜか人気が急上昇。今、40万円前後にまで上がっていて、やったー! と思いました」

 海外のコインは世界中にコレクターがいるため、人気が出ると取引価格が急に跳ね上がることもあるのだとか。

日本の記念硬貨では、47都道府県ごとに発行された『地方自治法施行60周年記念千円銀貨幣』の岩手県のコインが、“世界で最も美しい貨幣”賞を受賞したことで、価値が上がっています。販売価格は6000円ぐらいでしたが、今は5万円ほどで取引されているようですね」

 記念硬貨を持っているという人は、今の相場を調べてみると思わぬ高値の可能性も。 

「記念硬貨はアニメとコラボしたものなど、多くの種類が発行されていて、続々と新しいものも登場しています。今後プレミアがつくのを期待して購入するなら、発行枚数が1万枚以下のものが狙い目

 抽選で倍率が高いものほど、高値がつく可能性がありますこれはあまり教えたくないのですが(笑)、造幣局のメールマガジンに登録するといいですよ販売情報などが楽に手に入ります