「テレビニュースで薄毛の容疑者が送検されるシーンを見て、別人じゃないかと思いましたよ。ふだんは黒髪がふさふさで、全体的にもっと若々しい感じでしたから」

 と容疑者を知る女性は話す。

 東京都小金井市の路上で小学生女児にツバをかけたとして、暴行の疑いで警視庁に逮捕されたのは市内に住む幼稚園理事長・小池豊容疑者(78)。

容疑者は市民顕彰を受けた幼稚園理事長

 自転車を運転しながら犯行におよび、

「子どもが道に広がって歩いていたので邪魔だった。注意するつもりだった」

 などと容疑を認めている。

 11月2日午後2時45分ごろ、自宅近くの道路を友達と下校中の女児に後ろから自転車で近づき、追い抜きざまにツバを吐いた疑い。ツバは女児の頭にかかった。女児はきちんと道路の端を歩いていたという。

 教育者にあるまじきこの男、同様の犯行を周辺で繰り返していた疑いがある。

「今年9月以降、小金井市と府中市で登下校中などの小中学生に対する類似被害が少なくとも6件発生しており、付近を警戒していた警察官が犯行を目撃し現行犯逮捕にこぎつけた。容疑者は“ほかにも何件かやった”などと供述しており、警察は関与を調べている」(全国紙社会部記者)

 どのようにして屈折した高齢者になったのか。

 理事長を務める府中市の私立幼稚園を訪ねると、職員は「園児にも私たち職員にも乱暴な振る舞いはいっさいなかった。逮捕には心底驚いている」と困惑ぎみ。

理事長を務めていた幼稚園

 地域では評判のいい幼稚園だった。

「読み書きや算数を教えるなど英才教育に秀でており、音楽指導にも力を入れている。毎年夏に地元の『納涼祭』で園児が歌などを披露してくれる。今年は新型コロナウイルスの影響で中止になったが、昨年は宮沢賢治の『雨ニモマケズ』を上手に朗読していた」

 と幼稚園近くに住む男性。

 容疑者は、長年にわたる理事長としての功績などが認められ、2011年に府中市から教育功労分野で市民顕彰を受けた人物だった。

 園長によると、保護者の信頼を損ねたとして6日付で理事長職を解任された。

「理事長が直接、園児と触れ合う機会はありませんでしたので、園児に被害はありません。そもそも絶対にそんなことをするような人ではないんですよ。うちの園児に限らず、過去に子どもを怒鳴りつけたり、手をあげたことなど見たことがありませんから。ひたすらご自分の芸術を追い求めてきた穏やかな人です」(園長)

 東京藝術大学音楽学部声楽科を卒業、音楽大学の声楽科で講師を務めたこともあるなど華々しい経歴をもつ小池容疑者。一方で、自転車に乗りながら人目を気にせず大音量で鼻歌を歌ったりと、独特の世界観を持っていたようで──。

 異様にも映る容疑者の日常と、同様の被害に遭った男子児童の母親が事件を語る『《東京・小金井》「ツバ吐きじいさん」の正体は幼稚園理事長で東京藝大卒の芸術家〈ウイッグ&全身黒ずくめで自転車を走らせる“奇異な日常”〉』を、11月18日、11時のYahoo!ニュース有料記事にて【全文公開】する。

◎取材・文/渡辺高嗣(フリージャーナリスト)