叶姉妹が支持されるワケ

 これまで幾度となくブログやインスタグラムで『鬼滅の刃』のコスプレを披露してきた叶姉妹。だが、彼女らに対するネガティブな意見はまったくと言っていいほど見られず、批判どころか、称賛の声が上がっている。なぜ、叶姉妹はここまで受け入れられるのか。

叶恭子(本人インスタグラムより)
すべての写真を見る

「クオリティもさることながら、本当に楽しんでコスプレをされていることが写真からも伝わってきます。何色にも染まっていない状態から始められる一般のコスプレイヤーと違い、お2人の場合、最初から“叶姉妹”という強烈なカラーがついている。そこからできうる限り色を排して、自身をキャラクターに近づけるには、並大抵ではない努力が必要になるんです

 そう話すのは、世界コスプレサミット関連の審査員を務めるなど、コスプレ文化に詳しいライター兼カメラマンのソムタム田井さん(Twitter:@taitai0919)。叶姉妹が受け入れられる理由について、こう言葉を続ける。

“叶姉妹であることをウリにしてコスプレをする”のではなく、あくまでも一個人のコスプレイヤーとしてキャラクターに近づこうとされている。そうした崇高な精神も、多くの方から支持されている理由のひとつかもしれません」(以下カッコ内はソムタム田井さん)

 また、叶姉妹以外にも、GACKTやなかやまきんに君の鬼滅コスも、多くの人から好評を得ているという。

「叶姉妹は『鬼滅の刃』がヒットする以前から、『ジョジョの奇妙な冒険』や『ファイナルファンタジー』、ディズニー作品などのコスプレにも挑戦されていて、コミックマーケットなどのサブカルイベントにも積極的に参加されていました。

 GACKTさんも、オタク趣味であることは広く知られていて『鬼滅の刃』ブームのはるか以前からコスプレをされていましたし、なかやまきんに君さんもプライベートでコミケに参加、『HUNTER×HUNTER』のコスプレを披露したことが話題になっていました。

 そうした、もともとマンガ好き、アニメ好き、サブカル好きというイメージのある方たちの取り組みに対しては、作品やコスプレのファン、サブカルチャーそのものを愛するファンの方たちも寛容で、好意的な評価に繋がっているのではないでしょうか」