栃木県那須町の別荘地にある山林から、切断された女性の遺体が見つかった。別荘を所有していたのは、容疑者の親族で──。

 今年9月、豊島区の会社員・富塚(とみづか)沙織さん(享年35)の遺体を山林に遺棄したとして、保育士の佐藤喜人(よしと)容疑者(29)が12月6日に逮捕された。

殺害後、小学生女子にわいせつ行為も

「殺害現場となった富塚さんの自宅アパートから600メートルほど離れた場所に容疑者は住んでいた。2人に面識はなかった」(テレビ局記者)

 現場付近の防犯カメラでは、殺害直後も顔色ひとつ変えない容疑者の姿が確認されている。

「容疑者は富塚さんを殺害した後も、勤務する保育園で働いていた。遺体を運んだ翌日には、友人の結婚式に出席していたことも一部で報道されている。さらに11月には、新宿区内の小学生女子にわいせつ行為をしていた」(前出・記者)

 マッチングアプリに登録し、逮捕直前まで女性を物色していた痕跡も残っている。

 取り調べで容疑者は「金銭目的」と供述していたが、富塚さんの遺体が全裸で遺棄されていたことからも、性犯罪目的だったことが疑われる。

「富塚さんはいつも笑顔で明るい子。ファッション好きで、よく可愛らしい洋服を着ていましたね」(友人)

殺害された富塚さん(本人フェイスブックより)

 そんな富塚さんを殺めた容疑者はどんな人物なのか。 

「60歳くらいの母親とふたり暮らしでしたね。入居のときに菓子折りを持って挨拶にきてくれた」(近隣住民)

 佐藤容疑者の出身は埼玉県。幼いころから父親がおらず、ひとり親家庭で育ったようだ。小学校時代の同級生が少年時代を回想する。

「佐藤くんは暗くて静か。でも慣れてくると、ボソボソと冗談を言うんです」

 家庭は裕福ではなく、母親の仕事も忙しいため、容疑者はあまり母の愛情に触れる時間がなかったようだ。そのせいか、マザコンの気があったようで……。