クリスマスが近づき、いよいよ今年もあとわずか。テレビに舞台、SNSなど、いろんな挑戦を続けてきた新しい地図の3人。そんな多忙な1年を思い出話とともにプレーバック。ここだけのウラ話も飛び出しました!

先を見るより一歩ずつ進んでいきたい

――先日、初のオンラインでファンミーティングが開催されました。

香取「僕も初めての感覚でいたんだけど、『ななにー』のライブで、お客さんがいない中、3人だけで何回か歌わせてもらってたから、それがすごく勉強になってたんだって終わってから気づいた

稲垣「僕らは、ずっと画面の向こうのお客さんを感じながらやってきたし、ファンの方とのつながりもあるから、今回もみなさんを近くに感じられたよね」

草なぎ僕は“つよっちゃま”から“つよちゃまお”に改名しましたけど、後で映像を見たらスベってたね(笑)。でも全体は大成功だったし、改めてステージに立つことが自分たちの原点というか、こういう場所で生きてきたんだなって実感。ただ、久しぶりのステージですごく緊張して。そんな自分が初々しくて愛おしかった(笑)」

3人でクリスマスの飾りつけ!

――同じく11月には、森且行選手がオートレースのSG日本選手権で初優勝しました。

草なぎ「あのレースに出れること自体すごいんだけど、最年長で日本一って本当にすごい! 神様っているんだね。後でレースの様子も見たけど、あれは競走車の調整も含めての勝負で、森くんはこけなかった。堂々たる1位だよ!」

香取僕はSNSを巡ってたら、森くんの試合後の映像に行き着いて。仲間に伝えたいって目を潤ませながら言ってるのを見たときに、ついに僕らと約束した日本一になったんだなぁと思った

稲垣「何年たっても諦めないっていうのは本当に大切だなって思ったし、このコロナ禍を吹き飛ばしてくれるような朗報で、僕ら含めみんなに勇気を与えてくれたよね。

 あと、ありがたいのは、森くんがSMAPとして僕らと活動した期間は何年かだけど、それでもみんな森且行という人間のことは、知ってくれてるじゃないですか。そんな子いたね、じゃなくて、元SMAPの森くんっていうことを

香取「僕は逆に、元アイドルの森且行が優勝みたいな記事に対して、“彼はもう素晴らしいオートレーサーだから急に元アイドルとか言うな!”っていうSNSのコメントが印象的だった。オートレースファンの方にそんなふうに思ってもらえてるって、すごいことだから」