ガッキーが人気なのは「平均的」な顔だから

日下志先生その理由は、彼女は「平均的」な顔だからでしょう。人間の顔写真をどんどん合成していってある程度までいくと、きれいで無難な顔になるんですが、それが「平均」の美しさ。平均顔に少し女性らしさが加わると、人が見ていちばんきれいだと思う顔になるんです。

新垣結衣(写真左から10代、20代、30代の現在)
すべての写真を見る

イム子:なるほど! 確かに「みんなに愛されキャラ」を演じるならガッキーほど最適なキャスティングはないと思います!

日下志先生それに彼女は肌がきれいで、赤ちゃん顔の要素もある。それがより彼女の魅力を増しているのかと。

イム子:その「赤ちゃん顔」とは、どのような特徴を持った顔のことでしょうか?

日下志先生おでこは丸く大きめで、鼻とあごは小さく、目が丸い。子犬や子猫、アニメのヒロインの顔もこのような造りですね。

4人にオススメのエイジングケアは

イム子:イメージしただけで可愛い雰囲気なのがわかります! ではこれから、彼女たちの中で老け込みが早そうな人 また、遅そうな人はいますか?

日下志先生体形からしても戸田さんは今後、老け感が目立ってしまいそうな……。あとはたるみとシワの深さが気になる長澤さんかな。老け込みが遅そうなのは20代から顔も体形もあまり変化がない、吉高さんですね。吉高さんがこのまま、年に1キロくらいずつ増量すると、いちばんいいコンディションが保てると思います。

イム子:加齢によるげっそり感を避けるには、ちょっとずつ太ることがいいのか~。でも、もともと細い吉高さんだからできる技ですね(笑)。

日下志先生:痩せ体質な戸田さんは、シワや輪郭のこけたところを「ヒアルロン酸注入」で補うといいでしょう。ガミースマイル対策としては、上唇を上げる筋肉に「ボトックス注射」をすると歯茎が見えにくくなります。ダウンタイムの心配もありませんよ。

イム子:「ヒアルロン酸」は女優じゃなくとも、アラサー以降はマストな施術と言えそうですね。

日下志先生:ええ。長澤さんのほうれい線も「ヒアルロン酸」を注入すれば、すぐきれいになると思います。目尻のシワは「ボトックス注射」がいいかな。丸顔でたるみが出そうな新垣さんは、超音波をあてて引き上げる人気メニュー「ウルセラ」でケアするのがよさそうです。

イム子:では、4人全員に勧めたいエイジングケア法を教えてください。

日下志先生まず、過剰なダイエットや不規則な生活はしないこと。あとは肌がきれいで張りがあるとぐっと若く見えるので、美肌ケアに効果的な「フォトフェイシャルM22」や、新垣さんにおすすめしたたるみ対策の「ウルセラ」がいいでしょう。あとは年齢とともに気になる毛穴の開きには「ダーマペン」! すべて機器を使った定番の施術ですが、この3つを定期的に続ければ、今の雰囲気を保ったおきれいな40代・50代が迎えられると思いますよ。


今回お話を伺ったのは…
日下志 厳先生
京都府立医科大学医学部卒業。近畿大学大学院医学研究科卒業、医学博士。近畿大学附属病院形成外科講師。平成13年〜平成19年美容外科クリニック院長を歴任。平成20年から「高須クリニック」勤務。日本形成外科学会専門医、日本美容外科学会会員、日本美容外科医師会会員、VASER HiDefミケランジェロ認定医。丁寧な説明と培われた技術で患者からの信頼も厚い。