ここ半年ほど、ドラマを見ていると最後のクレジットで頻繁に目にする名前がある。

「フードコーディネーター はらゆうこ」という名前だ。直近のクールだけでも『恋する母たち』『この恋あたためますか』『危険なビーナス』(すべてTBS系)、『監察医 朝顔』(フジテレビ系)、『極主夫道』(日本テレビ系)、『ハルとアオのお弁当箱』(テレビ東京系)をはじめとし、多くの作品を担当。名前を目にして気になっていた方も多いのではないだろうか。

 実は、これまでに300本以上のドラマや映画に携わったという彼女。今クールも『俺の家の話』『オー!マイ・ボス!恋は別冊で』(すべてTBS系)、『知ってるワイフ』(フジテレビ系)、『神様のカルテ』(テレビ東京系)など10作以上を掛け持っている。なぜ、ドラマにおけるフードコーディネーターの仕事が彼女に集中しているのだろうか。そして、具体的にどんなことをしているのだろうか。本人に聞いた。

撮影現場で大御所に叱られたことも

 そもそも、料理にまつわる仕事といえばシェフ、料理研究家、フードディレクター、フードコーディネーターなど多岐にわたるが、はらさんの仕事は自ら発信することもある料理研究家と異なり「ドラマの監督さんやクライアント様など、誰かの意思に応じることが多いのが特徴」(はらゆうこさん・以下同)なのだそう。

「ドラマや映画のお仕事では基本的に、劇中に登場するメニューの開発から材料調達、当日の調理や盛りつけまで、“食に関するすべて”を担当します」

 スーパーのレシピ開発やカタログの撮影などの案件はフードコーディネーター主導で進めることができるが、ドラマの撮影現場は特殊な空気なのだという。

「お芝居がメインなので、急に“今から15分後に料理出して!”と指示されることも。たった1分間のシーンのためでも、すごく時間をかけて準備をしなければならない場合もあるし、とにかく時間がタイトですね。また、同じ料理を食べる用とブツ撮り用に分けて3~5食分、用意することも多いんです」

 さらに、前述の『極主夫道』や『ハルとアオのお弁当箱』のように原作が存在する作品は「内容をどこまで忠実に再現するか」が難しく、議論が尽きないという。

事前に原作マンガなどが資料として送られてくるのですが、絵を見ただけでは“これは何の食材が入っているのだろう?”と完全にはわからない部分もあって。そういう場合は、独自にメニューを考える必要があります。さらに、最近のドラマでは昔以上にリアリティーを求められるようになり、プロデューサーから“登場人物の人柄や家庭環境、背景などをきちんと考えたうえで料理を出して欲しい”と言われることも増えました。

 また、以前『フジコ』(Huluオリジナルドラマ)の撮影で、とある大御所女優から“あなた、ちゃんと台本を読んでこの料理を用意したの?”と怒られたことがあって。“私(の役)はこういう盛りつけをしないはず。台本を読めばわかるでしょ?”と、その女優さんが盛りつけをしなおしてくださったんです。それ以降、台本を細部まで読み込み、迷ったときは監督に相談するようにしていますね

料理を盛りつけるはらゆうこさん。その表情は真剣そのもの