3月7日にスタートした『機界戦隊ゼンカイジャー』。1975年の『秘密戦隊ゴレンジャー』から数えて45作目という、スーパー戦隊シリーズの記念作となっている。

 歴代の戦隊ヒーローが活躍する世界を含む数多の並行世界が、機械生命体(キカイノイド)が住む世界の悪者によって次々に閉じ込められていく。残すはわれわれが住むこの世界のみ……。

僕が演じるのは、主人公の五色田介人。正義の心を持つ機械生命体(キカイノイド)の4人とともにゼンカイジャーとなって戦い、悪の手からすべての世界を救っていく物語です」

 そう語るのは、主人公を演じる駒木根葵汰。

 かつてない壮大なスケール! そして仲間はロボットという斬新さ。でも、歴代スーパー戦隊のモチーフもあちこちに見られ、どこかエモい。

「“昔は見てたけど最近は見てないよ”という方も、きっと楽しめる作品になってると思います!

毎日が刺激的で、たまらなく幸せ

 物心がついたときには、スーパー戦隊シリーズが好きだったという駒木根。

駒木根葵汰 撮影/吉岡竜紀

「戦いに憧れて、ヒーローになりたくて、5歳から空手を始めました。いちばんよく見てたのは『特捜戦隊デカレンジャー』( ’04年)かな。『百獣戦隊ガオレンジャー』( ’01年)、『爆竜戦隊アバレンジャー』( ’03年)、『魔法戦隊マジレンジャー』( ’05年)とかも印象に残っています

 空手は高校3年生まで12年間続け、なんと中学3年生のときには県大会で優勝している。念願の主演は、オーディションで勝ち取った。

「うれしかったです。でも、制作発表が終わるまでは“明日の朝起きたら、違う現実になっているんじゃないか”と、どこか信じ切れていませんでした(笑)」

 昨年12月から撮影が始まり、やっと実感がわいてきたという。

「スーパー戦隊の撮影はCGや爆発などもありますし、やっぱり特殊ですね。普通の作品より労力も時間も必要ですし。大変ですが、それ以上に楽しいです! まさに“これを求めていた!”というか。毎日がすごく刺激的で、たまらなく幸せです

芸能界入りのきっかけはインスタ

「高校では、周りのみんながインスタをやっていて。話についていくために始めました。文化祭など、楽しい行事のたびに写真を載せてたら多くの人が見てくれるようになって」 

 やがて“イケメン高校生”と話題になり、現在の所属事務所からスカウトされた。

「原宿で、じゃないですよ(笑)。もともと芸能活動に興味があったわけではなく、高校卒業後は海外に行こうと思っていました。何かやりたいことがあったわけじゃなくて。むしろ、海外に行けばそれが見つかるかなと思っていたときに(スカウトの)メッセージを見て“面白そうだな”と」

 あまり深くは考えず飛び込んだ。気づけばのめり込み、俳優としての決意が固まっていた。

現場を重ねるごとに、自分の至らなさを知ります。いつか完璧になるとも思わないし、いつになっても自分自身が満足しないと思う。そして、この世界にはいろんな役が広がっていて、同世代、自分より若い子の活躍にも刺激を受けます。自分ももっともっとやりたい。自分がどこまでできるのか、すごくワクワクしています!」