ロングセラーの「ゆかり」を生んだ三島食品のふりかけが、今じわじわ話題に。「ゆかり」の3人の妹、そして満を持して誕生した弟の「ひろし」!?  生産が追いつかないほどの人気の理由と、マネしたい食べ方アイデアを聞きました。

「ゆかり」は名前のつもりではなかった

 今年の2月にふりかけの新商品、「ひろし」が発売されるやいなや、「『ゆかり』『かおり』『あかり』『うめこ』の四姉妹のとなりに見知らぬ男が加わった……」とSNSで話題に。

 それがきっかけとなり、「ひろし」は品切れが続出するほど爆売れし、発売からたった2か月で年間の販売目標をあっさりクリアした。

 話題になることを狙ってのネーミングかと思いきや、三島食品広報の佐伯俊彦さんは、「商品名がここまで話題になるとは、全く想像していなかった」と話す。

「『ひろし』は日本三大漬け菜のひとつである広島産の広島菜を100%使用した混ぜご飯の素。原材料の広島菜から『ひろし』と名づけました」(佐伯さん、以下同)

 そもそも、四姉妹と言われている「ゆかり」シリーズの商品名も、女性名を意識してつけたものではなかった。

「それぞれの原材料の色や特徴にちなんだ言葉を、親しみやすいひらがな3文字で表したものでした」

 ところが2〜3年前に1人のSNSユーザーが、ふりかけ売り場に並ぶ「ゆかり」「かおり」「あかり」の写真とともに「ゆかりは三姉妹だった」と呟いたことから、ふりかけ界では知らないものがいないほどの有名姉妹に。

三島食品の人気ふりかけ「ゆかり」

 

「突然話題になったときは驚きもありました。しかし当時『三姉妹』として認知されるようになったことで、相関図を考えたりキャラクターイメージを想像されたりなど、商品により親しみを持っていただくことができ、結果的に大変ありがたいことでした」

 ちなみに、「私の名前もそんなすてきな『ゆかり姉弟』の一員に加えたい!」という方のために、三島食品は「ふりかけ4姉妹メーカー」というアプリも開発ずみだ。

 これはデジタル上で、希望の名前と配色の「ゆかり姉妹」パッケージ風画像を自由に作れるアプリで、三島食品のウェブサイトから簡単に楽しめる。一時はアクセス集中でアプリが停止するほど話題に。こういった面白みのある取り組みも、「ゆかり姉弟」が消費者に愛される理由のひとつだ。