今年デビュー15周年を迎え、約2年ぶりの有観客ツアーの開催や積極的な楽曲のリリースなど、順調そうに見えていた『いきものがかり』が、6月2日に驚きの発表をした。

「ギターの山下穂尊さんが、今年の夏をもってグループを脱退し、芸能活動を引退することを発表にしました。ホームページには、活動を続けるボーカルの吉岡聖恵さんとグループのリーダーでもあるギターの水野良樹さんの2人と、脱退することになった山下さんの間で、音楽やグループに向ける気持ちが違うものになってきたことが理由だという文章も公開しています」(スポーツ紙記者)

 メンバーそれぞれのコメントも発表されており、一見“前向きな脱退”のよう。しかし、一部では“山下の自業自得では?”という声があがっていて……。

「昨年の1月に、山下さんが飲み会で出会った女性を強姦したという記事が、『FRIDAY』に掲載されたんです。所属事務所は合意のうえだったと説明していますが、証拠とされるLINEのスクリーンショットも掲載されています。ほかにも問題発言や女性トラブルなどが過去に報じられています」(同・スポーツ紙記者)

山下の両親は不仲説に「まったくない」

 たしかにこれだけトラブルが頻発していれば、メンバー間にわだかまりが生まれても違和感はない。

 そこで、関係者に話を聞こうと、神奈川県海老名市にある山下の実家を訪ねた。取材に応じてくれたのは、物腰の柔らかい山下の両親だ。

「本人が決めたことなので、それを応援していこうと思っています。脱退の話は数日前に聞きました」(父)

いきものがかりのホームページに掲載された解散発表メッセージ

――メンバーは幼なじみだが、不仲が原因?

「まったくないです。本当に素直な3人です。これから別の道に進んでも、近所ですし仲よくやっていくと思います。トラブルになったことなんて1度もないですから……。ライブに行ったときはいつも“聖恵ちゃん!”ってハグするくらい、家族ぐるみでも仲よしなんです」(母)

――『FRIDAY』の報道が影響している?

「ないと思いますけどね。息子はもともと表に出るのが好きじゃないんです。裏方として活動していくほうが向いている……というよりも、また違った形で活動していくのもいいんじゃないかなと思っています」(父)

「小さいころから“芸能人になる”なんて思ってもみなかったような子なんです。だから、私も裏方の仕事に回る息子を応援していきたいと思っています」(母)