《最近のCM見てるとピコ太郎にゴリエって今本当に令和だったか不安になる》

《テレビ観てたら「ゴリエのエアコンクリーニングのCM」「ピコ太郎の袋ラーメンのCM」と連続して流れました。急にタイムスリップした感覚》

《ゴリエといい、ピコ太郎といい、懐かしくて盛り上がっちゃうよね》

 ここ最近、散見されるこのようなツイート。いったい何を指しているのかというと……。

「エアコンクリーニングや引っ越しなどのサービスを提供する『くらしのマーケット』は、ガレッジセールのゴリさんが演じる『松浦ゴリエ』を、日清食品の『ラ王』は『ピコ太郎』さんをCMで起用。どちらのキャラクターも、脚光を浴び人気が爆発したのは数年前で“今”ではないキャラクターですが、逆にそのことがSNSを中心に話題になっています。時代と“ズレ”のあるCM起用が増えている印象ですね」(広告代理店関係者)

 ゴリのキャラクター『ゴリエ』は、ガレッジセールが出演していたバラエティー番組『ワンナイR&R』(フジテレビ系)で生まれたキャラクター。『ワンナイ』の最終回は'06年なので15年以上前の人気キャラといえる。

 また、ピコ太郎が『PPAP』で世界的にバズったのは'16年だ。なぜ時代遅れとも言える“ズレ”のあるキャラクターをCMで起用するのか。それぞれの企業に起用の理由を聞いた。

ガレッジセールも起用に驚き

 まずは、ゴリエを起用した『くらしのマーケット』。メイキング映像によると、当事者であるガレッジセールの2人ですら、「ドッキリかと思った」と話している。

 確かに15年も前に終わった番組のキャラクターにオファーが入ったのだ。お笑い芸人の立場からすれば、いつドアの向こうから「すみません、『水曜日のダウンタウン』です」「何の“説”かわかりますか?」と、ドッキリの番組スタッフが入ってくるのかと待ち構えてしまうようなシチュエーションではある。

『くらしのマーケット』CMより

「『くらしのマーケット』のCMターゲット世代は当時、ゴリエちゃんの登場に衝撃を受けたと思います。中学生のときにゴリエちゃんのキーホルダーをつけていた、高校生のときに学校で踊ったなど、自分とゴリエちゃんとの思い出がそれぞれあるだろうなと。それをCMをきっかけに思い出して、話題にしてほしいなと考えたのです

 そう話すのは、『くらしのマーケット』を運営しているみんなのマーケット株式会社のCM企画担当者。CMの放送スタートは4月15日。現在までの反響はどうなのか。

CM放送開始とともに『ゴリエ起用』のニュースがYahoo!トップに上がり、Twitterでトレンド入りするほどの大きな反響がありました。SNSでは“CMを見られてうれしい”“くらしのマーケットさんありがとう”という声をいただいたのが印象的でしたね。

 CMは“企業からのお知らせ”ですが、それを受け取った視聴者の方に喜んでもらえるということに、ゴリエちゃんの人気を改めて感じました。CMの効果も良好です」(みんなのマーケット株式会社CM企画担当者、以下同)