衝撃的なCMでおなじみのプライベートジム「RIZAP(ライザップ)」。現在放映中のCMで人々の目をくぎづけにしているのは、フリーアナウンサーの大神いずみさん(52)だ。

 女性らしいラインを保ちながらも、健康的に引き締まったボディ! 表情もいきいき、また堂々としていて、“大人の女性”としての充実がうかがえる。彼女が達成したのは、なんと10・1kgもの減量だそう。その陰には50代女性ならではの苦労が……?

30個のゴミ袋の山でダイエットを決意

 大神さんは、2人の息子(高1と小5)の子育て中。自身のタレント活動を続けつつも、常に育ち盛りの息子たちを最優先に過ごしてきたという。そして、夫である元木大介さん(現・読売巨人軍コーチ)を献身的にサポートしているのも、ご存じのとおり。すると必然的に家族だんらんの中心は食事。

「男3人、とにかくよく食べる!」そうで、一緒に食卓を囲むうち、若いころはスリムだった体形はみるみる変化。身長160cmに対して、体重65kgに到達したことも……。さらに、大神さん、お酒が大好き。食後のおやつも欠かさなかったという。

ダイエット前の大神いずみ

 そんな彼女がダイエットを決意したきっかけは、コロナ禍。

「昨年4月に発令された初めての緊急事態宣言の期間に、太って着られなくなった服を断捨離しようと整理を始めてみたら、45リットルのゴミ袋で30個もあって……」

 これまで見ないようにしてきた“不都合な真実”の蓄積が、目の前にはっきりと現れてしまった瞬間だった。しかし、我流でのダイエットは、失敗ばかり。

「これはもう、人の手を借りるしかない!」と思っていた矢先、あのCMのオファーが舞い込んだ。こうして、恐る恐る、しかし強い覚悟を持って52歳でのボディメイクチャレンジが幕を開けた。