今や国民的アニメになった『鬼滅の刃』。その主題歌『紅蓮華』を歌い大ブレイクを果たしたシンガー・ソングライターのLiSA。

「それまで、いわゆる“アニソン歌手”としてアニメファンには知られた存在でしたが、この曲で一気に全国区のアーティストになりました。その勢いのままリリースした『鬼滅』の劇場版主題歌『炎』で『日本レコード大賞』大賞を受賞。史上初の“レコ大”アニソン歌手になったんです」(スポーツ紙記者)

 だが好事魔多し─飛ぶ鳥を落とす勢いだった彼女が“まさかの事態”に見舞われた。『文春オンライン』が夫の不倫を報じたのだ。LiSAの夫は人気声優・鈴木達央。

「ふたりが結婚したのは'20年1月ですから、まだ2年とたっていない。それなのに、LiSAさんが全国ツアーに出かけている不在期間を狙って、20代の女性を自宅に連れ込んだというんですから。しかも、その不倫相手に出演作品の解禁前情報を漏らすという業界のタブーまで犯していた、と。ちょっと救いようのない“ゲス不倫”です」(同・スポーツ紙記者)

人気声優の鈴木達央

 これにはLiSAファンはもとより、アニメファンも一斉大激怒。

《認めず謝罪もせず逃げてるのクソ腹立つ》

《あり得ないし、人として終わってる》

 ところが“加害者”であるはずの鈴木は“体調不良”を理由に休業宣言。会見やファンへの説明もいっさいないまま“雲隠れ”してしまったのだ。ふたりの関係をよく知る音楽関係者は、こうため息をつく。

衝撃的な噂がマスコミを駆け巡り

どうやらLiSAに達央の過去の“余罪”までバレてしまったみたいなんです。マスコミとLiSAの追及をかわすために、達央が自分のスマホの全データを消しちゃったんだって。でも、それが逆に“不実の証拠”になっちゃって……。それで事務所と協議のうえで急きょ“休業”に

 さらに現在、“雲隠れの理由”について衝撃的な“噂”も飛び交っている。前出の記者が声をひそめる。

鈴木さんが“自殺未遂をした”という情報が警察関係者から漏れ伝わってきたんです。スポーツ紙だけでなく、大手一般紙の記者までも一斉に“裏取り”に動いたんですが、真相はわからず。ただ“火のないところに煙は立たない”ですからねぇ……

 週刊女性は、鈴木の所属事務所に自殺未遂の真偽について尋ねてみたが、

発表のとおり、体調不良でございます。症状につきましてはプライバシーに関わりますので回答を控えさせていただきます

 とだけ─。

 一方、“サレ妻”になってしまったLiSAも全国ツアーをキャンセルして休業することに。ファンからは心配の声が上がっている。

「LiSAは“浮気男だけは絶対にムリ”と言っていましたからね。彼女、達央と結婚する前にミュージシャンと付き合っていたことがあったんだけど、この彼氏もそうとうなイケメンで浮気癖がひどかった。修羅場ばかりで疲れ果てて“もうこりごり”ってこぼしてた。苦い記憶がフラッシュバックしちゃったのか……」(前出・音楽関係者)

 炎は業火となるのか─。