「ヤバい女になりたくない」そうおっしゃるあなた。有名人の言動を鋭く分析するライターの仁科友里さんによれば、すべてのオンナはヤバいもの。問題は「よいヤバさ」か「悪いヤバさ」か。この連載では、仁科さんがさまざまなタイプの「ヤバい女=ヤバ女(ヤバジョ)」を分析していきます。

第64回 山口もえ

《山口もえ、コロナ感染きっかけに「霊能力者」に心酔 田中裕二も困惑》と2021年9月23日号『女性セブン』が報じています。

 本当だったらヤバい話ですが、記事をよく読んでみると、もえの夫である爆笑問題・田中裕二の所属事務所あてに「霊能者A氏にかかわるな」という忠告の電話がかかってきたことは太田光代社長が認めているものの、A氏ともえが接点を持っているはっきりした証拠というべきものは見当たらないように感じました。

 山口もえと言えば、2005年に番組で共演したIT企業の社長と結婚。しかし、夫は会員制高級クラブを無許可で営業、2011年に風俗営業適正化法違反で逮捕されています。同年、もえは離婚。2015年には爆笑問題・田中裕二と再婚しました。

幸せな人が霊能者にハマるのかという疑問

悪天候でも気分が踊る、田中裕二パパ

 もえには前夫との間に二人のお子さんがいますが、『婦人公論』(2016年3月8日号)のインタビューによると、お嬢さんが田中をパパと呼んで抱き着いたことで、「私たちは家族になれる」と感じ、再婚に踏み切ったとのこと。子どもを連れての再婚というのは、いろいろ難しい部分もあるでしょうが、田中は“なさぬ仲”の子どもたちと良好な関係を築き、お子さんも生まれています。『週刊女性』(2021年9月14日号)によれば、7億円といわれる豪邸も建設したそうです。

 しかし、ちょっとしたアクシデントもないことはないのです。昨年の8月、もえは新型コロナウイルスに感染、夫の田中も感染して家族全員で入院しています。今年の1月には田中がくも膜下出血および脳梗塞に見舞われましたが、無事に回復しています。

 私の友人は「健康面では多少のトラブルがあっても、無事に回復しているわけだし、再婚して豪邸だって建てた。そんな幸せな人が霊能者にハマるかな?」と不思議がっていましたが、実際にもえがハマっているかは別として、「経済的に恵まれて家族も円満な人に、ちょっと何かがあったとき」というのは、実は不安になりやすいときではないかと思うのです。