首都圏から車で1時間半。埼玉県某所――。心霊のファンが訪れる築150年の古民家がある。滞在中、100%の確率で怪奇現象が起きるとか。何が起きるのか、それを検証すべく住宅に潜入した。そこで予想だにしていなかった現象に遭遇することに。

 恐怖の現場は埼玉県・某所の築150年の古民家だった。

 この家は、最恐イベント開催団体「暗夜」が主催する『泊まれる幽霊屋敷』。ただし、これはただの謳い文句ではなく、本当に怪奇現象が起きるという、事故物件なのだ。

 実際に怪奇現象と遭遇することはできるのだろうか。

 そこで事故物件といえば、この人、事故物件住みます芸人の松原タニシさんとともに噂の真相を検証すべく屋敷へと向かった。

 10月27日、深夜0時。

「暗夜」代表の桐木謙士郎さんに件の屋敷へと案内してもらった。まず聞いたのは衝撃的な内容だった。

「最近、怪奇現象が多発しており、トラブルも多い。大けがを負った人もいれば取り憑かれたように性格が変わってしまった人、泡を吹いて倒れてブルブル震えていた人もいました。朝まで過ごすことができず、リタイアする人も増えています」(桐木さん)

 取材の直前にも立て続けにリタイアした参加者がいた。ギブアップ時間は2日続けて午前1時34分。偶然だったのだろうか、それとも……。

 不安と緊張を胸に、幽霊屋敷の扉を開いた。

 滞在をともにするのは松原さんと小誌の記者とカメラマン、主宰の桐木さんの4人。

築150年の古民家の外観。この家はこれまでどのような運命をたどってきたのだろうか

 屋敷は入ってすぐのところに土間と囲炉裏。その奥に畳の部屋が4つ。2階では養蚕をしていたという伝統的な造りの日本家屋だ。150年の間、多く人がここで暮らした。陶芸家、老夫婦、小さい女の子がいる家族─。いわくのある建物を探していた桐木さんにこの屋敷の話を持ちかけたのは地元の男性だった。

「開かずの間があったり、幽霊が出る噂の家がある」と連絡があったのだ。

50~60年ほど前、この家に住む男性が孤独死したそうです。発見された遺体はドロドロになっていた……。その部屋には特殊清掃も入らず、亡くなったときのままで封印されていたそうです」(前出・桐木さん、以下同)