「私の都合でシニア人生ゆっくり過ごしたいんですよ。したがって、この番組のレギュラーを今年いっぱいで卒業します」

 11月28日、情報番組『サンデーモーニング』(TBS系)で、コメンテーターを務める元プロ野球選手の張本勲が年内で番組を卒業することを発表した。

『サンモニ』は、関口宏が総合司会を務め、'87年から毎週日曜日の朝に生放送されている長寿番組。その中でも、張本が1週間に起きたスポーツニュースを解説する『週刊御意見番』は人気コーナーだ。

「いい出来事や好プレーには“あっぱれ”、怠慢なプレーや不祥事には“喝”とコメントします。張本さんの歯に衣着せぬコメントを楽しみにしている視聴者も多かったんですけどね……」(スポーツ紙記者)

関口宏

 張本が卒業したら、名物コーナーはどうなるのだろう。

後任者はまだ決まっていませんが、新しい人で継続していきます。『サンモニ』は、平均視聴率が10%を超え、『週刊御意見番』になると瞬間視聴率も上がる傾向にあります。ただ、張本さんの代わりをあと1か月で見つけるのは簡単ではないので、現場はバタバタですよ」(芸能プロ関係者)

ご意見番にとって厳しい時代

 人気番組の“顔”になるためには、“絶対条件”があって……。

「メイン視聴者層である50~60代に刺さる人を選ばなければなりません。スポーツ選手から選ぶなら現役から退いた人になると思いますが、ある程度の実績があり、高齢者層に広く認知されている必要がある。張本さんはそうした層からの支持も厚いですし、誰かに忖度せず、自分の意見をはっきり言うので、コメンテーターとしては申し分なかったんですよ」(同・芸能プロ関係者)

 コラムニストのペリー荻野さんも、張本のようなタイプはこの番組に必要だと話す。

ある程度インパクトのある人でないと番組がぼやけてしまうので、テレビ局もタフなご意見番を求めています。ただ、世の中がハラスメントに敏感になっている昨今、ご意見番と呼ばれる人たちは厳しい立場に置かれています。ひと昔前は笑ってすませられたことでも、いまは批判されることもありますからね

 そうした厳しい状況に対応できる後任者は誰がふさわしいのだろうか。