12月1日、千葉県浦安市の『東京ディズニーリゾート』内にある、とあるグッズショップに大勢の人達が列を成した。その現場とは、JR舞浜駅前に構える『ボン・ヴォヤージュ』である。

「12月1日はお正月のグッズや蜷川実花さんとのコラボグッズ、ミニーちゃんの新施設を記念したグッズなど、ファンなら必ずゲットしたい複数のグッズが新たに同時発売されていたため、ディズニーファンがショップに押しかけたんです。

 インターネットで事前に来店予約の枠を取れた人だけが入店出来るシステムで、人数は絞られていたはずなのに、客同士の熾烈な争いが繰り広げられてしまって……」(ショップを訪れた20代女性)

代わりに買い物を頼む女性

 この女性は当日の午後4時に来店の予約枠を運よく手に入れ、意気揚々と入店したのだがーー。

「まさに“地獄絵図”でした。クリスマスの新キャラクターのグッズが補充されるたびに人が群がる。店員さんが補充するワゴンから許可なく品物を漁る人も多かったです。

 みんな自分の事しか考えていないので、イライラした客同士がぶつかって、喧嘩していたおばさんたちもいましたよ。来店予約してまで来て、目当ての商品はほとんど売り切れ。お客さんの中には“来店の予約までしたのに買えないってどういうことよ!”って叫んでいる女性もいました」(同・20代女性)

 もはや無法地帯と言えるカオスな店内では、盗難騒ぎも起こっていた。

12月1日の『ボン・ヴォヤージュ』には早朝から長蛇の列が。ソーシャルディスタンスを取りながら並ぶ客も、店内に入った途端にもみくちゃに

クリスマス限定のキャラクターグッズをカゴに入れていた女性が、いつの間にか別のお客に横取りされたそうです。その話を聞いたほかのお客さんたちはカゴを守るように前で抱えて、疑心暗鬼になってしまって。

 お店の前では“予約枠が取れなかったので代わりに買って来てくれませんか”と声をかけまくっているハイエナみたいなおばさんもいたし、とにかく治安が悪く、あの日はとてもじゃないけど“夢の国”ではありませんでした……」(同・前)