女性で史上初の「究極のサマディ(悟り)」に達したインド政府公認のシッダーマスター=ヒマラヤ大聖者、ヨグマタ相川圭子さん。ヒマラヤ秘教の厳しい修行を終え、究極の真理を悟ったヨグマタ=宇宙の母さんに、読者の悩みを相談。辛酸なめ子さんの感性あふれるイラストとともに、解決へとみちびきます。

※今週のお悩み

 断捨離がブームで、私の周りの方々も物を減らしています。家を隅々まで掃除して、いらないものを断捨離するとすごくスッキリした気分になるそうですね。想像できるので私もそうしたい! と思うものの、なかなか思いきりがつきません。いざやろうとなると、それぞれに思い入れがあって、結果、処分できず。家の中は物であふれて整理整頓できないまま。掃除や断捨離の心構えを教えてください。(50歳・パート/東京都)

掃除は心の整理整頓の瞑想と同じ

 日々少しずつでもお掃除をするクセをつけるようにすることが大事です。掃除や整理整頓をいっぺんにやろうとすると、疲れて中途半端なまま終わります。また、掃除よりも楽しいことは山ほどあるので、ついつい掃除を後回しにしてしまいがちです。

 私はスタッフには「1日1時間は片づけなさい」と言っています。最初は掃除や整頓が苦手なスタッフも、それが日々の習慣になると、自然と整理整頓ができるようになってきます。立ったり座ったり、手が届かないような場所は背伸びして掃除すれば、いい運動になり体力もつく。一石二鳥です。

 また、意志の力も大切です。物を捨てる決意をして、整理整頓し、掃除をしようと心に決めます。すると身体も動くでしょう。そして片づけられた成功体験が、継続する力となります。

「まだ使える」となかなか捨てられないもの、何年も着ていない洋服は、今必要なければ思い切って捨てます。また必要になったら買い足す気持ちで捨てるのです。ところが、片づけられない人はたとえ捨ててもまた買うので、整理整頓してもいつの間にかまた増えてしまうようです。

 ですから欲望と執着を取り除く根本療法をしないと変わりません。そのためにヒマラヤシッダー瞑想で心の執着を浄化します。瞑想で心を空っぽにすると、何をどうしたらよいか素早い判断ができ、スムーズに捨てたり整理できます。ヒマラヤシッダー瞑想は心を変容させる力があるのです。

 誰もがそうですが、心は寂しかったり、満たされていないので、何かに依存します。寂しさから買い物をして、物で満足しようとします。

 買った時点で、その物への欲望が終わるのですが、また違うものが欲しくなります。この欲の心をとらない限り、再び物を買い、部屋が物でいっぱいになるのです。

 片づけ続けるためには、強い意志の力と、欲の心をとる必要があります。この2つの心をつくるのがヒマラヤシッダー瞑想です。瞑想をすると執着がなくなり内側から命の働きが満ちて、意志の力がつきます。常に満ち足りて自然に片づけることができます。瞑想が根本療法です

ヨグマタ相川圭子さん 撮影/矢島泰輔

ヨグマタ相川圭子さん……究極のサマディに達して下界で活躍する世界にたった2人しかいないヒマラヤ大聖者。「女性史上初」5千年の伝統をもつヒマラヤ秘教の正統な継承者。国連本部で主賓としてスピーチ。日本、インド、ヨーロッパ、アメリカで活躍。日本に道場を持ち、ディクシャという瞑想秘法伝授と悟りの合宿を行う。全国で指導を展開。人生を変える本質的な生き方をガイド。『心と体をととのえて、もっと楽に生きる』(中央公論新社)など著書累計90万部。TBSラジオ・インターFM897、BSテレビに好評レギュラー出演中。
●公式サイトhttps://www.science.ne.jp/

辛酸なめ子……東京都生まれ。女子学院中学校・高等学校を経て、武蔵野美術大学短大卒。漫画家・コラムニストとして活躍。著書多数。
Twitter:godblessnameko

《構成/池野佐知子》